スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ニャウリンガル

ニャウリンガルをお借りした。
電池を入れて、早速クレオ(いつもなく)に近づけてみる。

なかない。

後ろで、クレオを慕ってピョンタちゃんがかすかにないた。

ニャウリンガル 「ありがとー!ほんとにありがと!」

ピョンタちゃん、一体なにをありがたがっているのだ。
クレオはなかない。喉元に近づけると、何か音を拾ったようだ。

ニャウリンガル 「ガオー!」

意味がわからん。
台所に行くと、やっとクレオがいつもの「餌クレオー」なきをした。

ニャウリンガル 「こんな気持ち、はじめて!」

嘘だ・・・。いつも腹すかしてるくせに・・・。
それともクレオはいつも「初めての気持ち」でご飯をねだっているのだろうか。
そういえば、ほとんどボケたかのように、たらふく食べた後も餌をねだっていたし・・・。
クレオ「ねこやまさんがご飯をくれないんですよ。」
ねこやま「おじいちゃん、もうご飯はたべたでしょ」

てな感じだったのかも・・・
クレオ 「餌クレオー」
いやしんぼ


ロミちゃんですが、今日帰宅したら、自らエリザベスを取ってました。
またかさぶたが消えてました。血出てました。目の前が真っ暗になった私は、ロミをふんずかまえ、再度エリザベス装着。
壁に追い詰め、嫌がるロミの口をこじあけ、抗生物質の錠剤(ずっと飲むのを拒否していた)を無理やりのどの奥へ。

投薬成功!やればできるもんですな。
しかし、これじゃ直る傷も治らないよ・・・
どーすんの、ロミっ子。
スポンサーサイト
21:56 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

私が悪かった・・・

ロミちゃん、ごめんね。
私が悪かった・・・

金曜日の夜、お尻の傷はかさぶたになっていました。
「もうエリザベス生活も6日たったことだし、ばっちりかさぶた
になったことだし、ロミちゃんのエリザベスはずしてあげよう。」

久しぶりに自由になったロミちゃん。うれしそう。

ご飯をたべてくつろぐロミちゃん。よく見ると・・・

尻のかさぶたがなくなってる!
まっかな血が全開!!

ロミを羽交い絞めするねこやま。もがくロミ。エリザベス再装着。

「おまえなんか、大嫌いだあっ!一生ゆるさん」とロミの声が聞こえるような気がする・・・
あと3日我慢すればよかった。本当にロミちゃん、ごめんなさい・・・

今傷を見たら、またかさぶたができかかってました。
辛いロミちゃん

ロミ「ミケのときもクレオのときも、早くエリザベス取りすぎて失敗してるじゃないさ。少しは学べよ」
おっしゃるとおりです。反省しています。
22:30 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

くりベッド

くりちゃんにいただいた、くりの形の猫ベッド。
せっかくいただいたのに、くりちゃんはなぜか利用しない。

ところが・・・
くりちゃんサイズのくりベッドにみんな無理やり入る入る・・・。

クレオ入りまーす
クレオとくりベッド
ベッドの中にはくりが入ってます。

さくヤ入りまーす
さくヤとくりベッド


ロデム入りまーす
ロデムとくりベッド
なぜか、黒すぎてぼけたロデムちゃん。

キジたろう入りまーす
キジたろうとくりベッド




衝撃の写真を見たい人は続きを見てください。

続きを読む
22:11 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ガッシュ、具合悪いの?

先週からガッシュの様子がおかしいのです。
ご飯もろくに食べないし、いつもの隠れ場所(ソファーの裏)
にも隠れず、今まで行かなかったような場所をうろつきます。
何かの病気かもしれませんが、私の母が2週間滞在しただけでも、
ハゲてしまった臆病者のガッシュ。
ガッシュ

どうやらロミちゃんのエリザベスに怯えているようです。
ロミちゃんがやってくると、ご飯が食べられなくなってしまうのです。
体は大きくてこわもてなのに、本当に気の小さい猫なんです~。

昔、保護される前はキジたろうを追い掛け回していたらしいのですが、
今では追い掛け回されています。

早くロミちゃんの傷がなおるといいのですが・・・
下の方にロミちゃんのお尻の傷の写真を貼っておきます。
傷系がダメな人は、見ないで下さいね。
ちなみにクリックすると大きくなりまする。
続きを読む
21:01 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ロミちゃんが・・・

めんどくさがりなので、Newsの記事はblogになりました。
コメントは受け付けません! 情報は垂れ流しにさせてください。
本当にめんどくさがりで、お返事も出来ないと思いますので、どうぞご容赦ください。

家族募集中のニャンズたちへのお問い合わせは、あおぞらさん
お寄せください。本当にいい加減ですみません。

さて、表題のロミちゃんです。
水曜日あたりから、ご飯の時間になっても台所に姿を現さない、
ご飯を残す、という状況で、風邪でもひいたのかと思っていました。
ところが金曜日の夜、遅く帰宅してロミちゃんが嘗め回しているお尻の
あたりに目をやると・・・

ひっ、血、血がっ!しかも開いてる、お尻が開いてる!!
ミケやクレオが怪我で病院に行ったときは、手術して、麻酔して、入院したんだった・・・どうしよう!!また喧嘩だろうか・・・痔だろうか。

翌日(土曜日)病院へ。

先生「あー、肛門腺、破裂してるねー、これ痛いんだよねー。」
こわごわ見ると、お尻の穴の向かって左側がバックリ開いていました。
ねこやま「縫わなくてもだいじょぶなんでしょうか。」
先生「まー、エリザベスカラーして3-4日我慢すればダイジョブでしょう。」
よかった・・・ロミちゃん、たいしたことなくて!
せんせい「ねこやまさんも、あまり猫にお金かけてないで、ちゃんと自分にもお金かけてくださいね。」

そうですか。私そんなにボロボロに見えますか。
こないだ縮毛矯正したばかりなんですが・・・。

さて、ロミちゃんは色つきエリザベス嫌で嫌で、朝の5時までおお鳴き。
とうとうエリザベスを無理やり外し、隔離部屋から逃亡。
透明のエリザベス(ミケには小さかった)を無理やり装着。
幸いロミちゃんにはぴったりだし、透明で横の様子も見れるので、
やっと落ち着きました。
エリザベス・ロミ

ロミ「絶対抗生物質なんて飲んでやらない!ペッペッ
13:39 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。