スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

三種の神器 (くりちゃん用)

くりちゃんの関節用サプリメント、アースリスージがおととい届いた。早いね~。
さっそくなめてみた。

黒砂糖の味。まずくない。

問題は、サンクロン(草っぽい味)とユッカ・インテンシブ(黒酢味)とまぜたとき
にどんな味になるかである。
さすがに味見はためらわれたので、ままよとマグロの缶詰に全部まぜこんだ。
くりちゃん、完食。
くりちゃん、ほんとにおいしいの?ねえ、ほんと?ほんと?

くりちゃん 「なんかいつもよりおいしい気がします」
くりちゃん、アップ

くりちゃんのサプリ、見た目はこんなかんじです。
左から、ユッカ・インテンシブ、アースリスージリキッド、サンクロン。
ミケとくりちゃんのサプリ(なぜミケがモデル?)
サプリとなぜかミケ

サンクロンは口内炎の炎症をおさえるため、ユッカ・インテンシブは口内炎と関節の痛み止め。
アースリスージ リキッドは関節炎の緩和に。
ちなみにアースリスージはコンドロイチン、グルコサミン、ユッカも入ってます。
サンクロン、ユッカはすでに効能は実証済み。
あとは、アースリスージ、お前だけだ!
さあ、アースリスージ、くりちゃんに効いてくれ~。たのむぞ、アースリ!!

スポンサーサイト
22:55 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

サックン食欲が戻る

昨日もあまり食欲がなかったサックンだが、今朝はなんとか缶詰を食べた。
一応台所まで来るので、食欲はあるのだ。
薬も餌にまぜたら、ちゃんと食べた。
おなかの蠕動、グーグーも少なくなったような気がする。

一日心配して帰宅してみると。
サックンが・・・サックンが・・・

前とおなじように、玄関先まで迎えに来ておなかをみせたよおおおっ!!

晩飯もきちんと完食。おなかの蠕動もありません。

サックン、サックン、よくなったんだねえ。(感涙)
しかも、近づいても逃げない!! 
やっぱり2年間、伊達に一緒に暮らしてなかったってことだねえ。

そこで、記念撮影しました。

 サックンと仲直り
続きを読む
21:49 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

病院に行ってきた

今日は病院に2回行った。
今朝、ご飯をうまく食べていたので、「病院行かなくて済むかも。」と思っていた矢先、すぐに嘔吐してしまったサックンことさくヤちゃん。

逃げ回るサックンを追い回し、ようやくキャリーに突っ込む。
暴れるサックン。
車に乗ったら静かになった。病院では、キャリーに入っている間は、おとなしくしている。
いいぞ、サックン。

病状を説明し、先生に触診してもらうが、おなかに空気はたまっていないという。腸捻転、胃捻転の可能性がなくなったことでほっとするも、横隔膜ヘルニア、食道肥大などの可能性が示唆される。

X線撮影が必要なので、私も鉛入りのエプロンを装着し、サックンをX線室へ連れて行く。台に載せたとたん、暴れるサックン。
高価な機材を載せたワゴンの下に隠れて出てこない。

X線撮影、中止。

とりあえず嘔吐を止めるお薬を注射。薬が一週間分出された。
この薬が効けば、様子を見ることに。
効かない場合は、サックンに麻酔をして、X線撮影をすることになりそうだ。
たのむよ、サックン。

サックンを連れて帰り、ソファーの裏に逃げ込んだサックンを横目にくりちゃんを捕獲。
病院にくりちゃんを連れて行き、今回はくりちゃんのX線撮影に臨む。
再度鉛入りのエプロンを装着し、くりちゃんを仰向けにして羽交い絞め。
私の手のひらを恐ろしい勢いでかみ続けるくりちゃん。
ごめんよ・・・。そして診断が下る。

くりちゃんの右足の付け根の関節に骨増殖が見られた。
先天性、あるいは事故で付け根の関節が骨折し、自然についた跡のようだ。
くりちゃんががに股だったのは、老齢のせいというより、この骨増殖のせいだったのだ。
でも、くりちゃん、今まで元気だったのに・・・。

股関節が腰の骨の付け根からずれてしまっているのがわかる。
専門の病院(形成外科が得意な病院)で手術を行うか、温存するかの選択肢を提示された。

手術をしても、人口の関節を入れたところで、足が地面につくようになるかどうかはわからないらしい。温存した場合、完全に脱臼したり、股関節部分に増殖した骨が入り込んで痛みが出る可能性がある。
そのときは、手術するか、温存して右足が完全に地面につかない状態で排泄を含めた介護をする、という選択肢から、再度選択を迫られることになる。

くりちゃんの年齢、口内炎があること、免疫力の低下がみられることを考えると、今の段階での手術は決断できなかった。

先生と話し合い、サプリメントなどの力を借りて関節を大事にしながら、できるだけくりちゃんに負担の少ない方法で生活していくことを選んだ。とりあえず、グルコサミンとコンドロイチンを摂取すると良い、と先生から聞いた。

足に異常が出る前のくりちゃん
くりちゃん、足が悪くなる前

キジたろうのオシッコにはしっかり結晶がありました。
しばらくs/dしか食べられません。かわいそうなキジたろう・・・。

くりちゃんと一緒に帰ってみると、さくヤがすっかりニンゲン不信になっており、ソファーの裏から出てこない。やっと出てきたと思ったら、私の顔をみたとたん逃げやがりました。

2年かけて培った信頼は1時間で崩れ果てました。
サックン・・・許せ。許してくれええええ!

ニンゲンと仲良しだったころのサックン
さっくんとネズミ


さっそく、くりちゃんのサプリメントをネットで購入。
ネイチャーベット アースリスージリキッド 240ml 3990円也。

グルコサミンとコンドロイチンが入っていて、錠剤ではないサプリってなかなか無いのねー。
これが効いてくれるといいんだけど・・・。


15:49 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

サックンご飯を抜かす

サックンとは、さくヤちゃんの愛称である。

さくヤちゃんは女の子で、桜が咲く季節にうちにやってきた。
あおぞらさんからご飯をもらっていたときは、パフミケと呼ばれていて、保護されたときは猫風邪をひいていた。

あおぞらさんの所に引き取りに行ったときは、怖くて瞳孔が開ききっており、かわいい女の子に見えたので、桜と此花咲耶比売(古事記か日本書紀に出てきたような・・・)を足してさくヤちゃんと仮名をつけた。
ヤがカタカナなのは、姓名判断で画数を合わすためです。

うちに来てからはしばらく姿を見せず、猫風邪なのか、鼻がグーグーとなる声と、苦しそうな鳴き声で生存を確認する毎日が続く。
その後久しぶりに見たさくヤちゃんは、目から絶えず涙が流れており、普段は白目が大きく瞳は小さめで、髪の毛を六三に分けたような模様といい、「おっさんみたいな顔だ・・・。」
さくヤちゃんは人面猫だったのだ。

今うちでは、猫の塚サックンと呼ばれている。
誰にも負けない強い性格。ロデムを追いかけるその迫力。
餌場から絶対にどかない食に関する強い執着。
なにもかもが、猫番恐子ってかんじなのだ。
でも、実はとても可愛い猫らしい猫なのだ。

久しぶりに写りのいいさくヤちゃん
サックン

サックンは、慢性の気管支炎だと思う・・・。
鼻が詰まっているから、口呼吸で、時々痰を出そうとしている。
口呼吸だから、胃に空気がたまり、時には水やご飯が飲み込めないことがある。おなかがすいているのにご飯が食べられないのは、口内炎と一緒で本当に見ていると辛い。

特に、猫じゃらしで激しく遊んだあとにご飯がたべられなくなってしまったため、うちは猫じゃらしはお客様が来たとき以外は禁止になった。
サックンは猫じゃらしが大好きで、必ず皆を押しのけて遊んでしまうからだ。
お客様がいると、サックンは猫じゃらにむやみに飛びつかない。

おかげで家の猫たちはみんなブクブクに太ることとなる。

昨日の晩、サックンは「ご飯いらない」といってコタツの中で過ごした。深夜のご飯のときは出てきたが、ちょっと食べると飲み込めずに苦しそうだ。わずかな量を口にしただけでコタツに戻ってしまった。

今朝も今日の夜もサックンはご飯をちょっと食べるだけでおなかが蠕動し、苦しそうだ。
明日病院に行こうと思うのだが、前回も病院に行こうして暴れに暴れ、失敗しているので、うまく連れて行けるだろうか。

くりちゃんの足も相変わらずなので、明日病院行きます。

くりちゃん 「病院なんていかないから~。」
くりちゃんお休み中

今、キジたろうの検尿用のおしっこをとるため、キジを別室で隔離中。

みんな、早く元気になろうよね。
23:12 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

猫は暖かいところを知っている

寒くなると、猫は暖かいところに集まってくる。
一番暖かいのはハロゲン周辺だが、ハロゲンがないときはニンゲンのお膝も暖かいと、
やっと気が付いたのか猫どもよ・・・。

今まで膝に乗った猫はくりちゃんとキジたろうだけだった。
くりちゃんは足がびっこをひく様になってから、膝まで来れなくなってしまい、キジたろうは膝に乗るたびに爪きりで爪を切ろうとしたら、すっかり警戒して来なくなってしまった。

今年はなんと、ちゃまらんとさくヤちゃんが一度づつ、初めてお膝に乗ってきた。
さくヤちゃんの写真はとれなかったのだが、ちゃまらんは証拠の写真撮影に成功。

ちゃまらん 「乗ってみたものの、こわごわです」
膝のり猫ちゃまらん

そうでしょうとも。顔がこわばってますし。

さくヤちゃんは怖い物知らず。
電動歯ブラシで歯を磨いていると、顔をすりすりしてくる。
顔面マッサージ?

さくヤ 「歯を磨いてんのよこれでも」
歯磨き中さくヤ

そうでしょうとも。なめてますモンね。電動歯ブラシの底を・・・

クレオを意識したわけではないのだが、コタツカバーの色がクレオ色だということに今気が付いた。

クレオ 「保護色だよおー。これでここにいることは誰にもわからないー(はず)」
コタツ色クレオ

あんなに「クレオー、餌クレオー!!」と鳴けば、いやでもクレオだって気づかされるだろがっ。
灰色に縞ってとこまでは一緒なことは確かだけど・・・。

よく暗闇で踏みそうになるので、足元にまとわりついて台所まで誘導しようとするのはやめてくれ!(台所にはご飯がある)
まじで何度転びかけたことか・・・いつか室内で大怪我の予感が・・・
23:54 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

寒かったり暑かったり

寒かったり暑かったりの今週。ねこやまは風邪をひいて会社を休んでしまいました。
咳が止まらない。ぜいぜいしてしまいます。
なぜか頭痛も併発。昨日は出社しましたが、今日はずっと寝てました。

そんな状態なのに猫たちは容赦ありません。
寝ていたくても、餌クレオ攻撃から朝はスタート。
とりあえずうつろな頭で餌をやり、そのあとベッドに倒れこむも、ずーっとクレオに乗られて金縛り状態。ゆっくり寝かしてくれー。
やっとみんな静かになったと思ったら、どこからともなく漂う大のかほり。
スコップ片手に家中のトイレをはいずり回ることに・・・。

そんなニンゲンをよそに元気なロデムちゃん。

ロデム 「たのしいなーたのしいーなー」
ロデムとピンクの虫

ロデムの写真はすぐにぼけるのでなかなかいいのがありません。

ミケがとうとうコタツの中に入れることを発見しました。

猫ども「たのしーなー。たのしーなああーー」
コタツの中

電気つけなくてもあたたかいです・・・
22:11 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

くりベッド大人気

くりちゃんのびっこは原因不明。
一週間様子を見ることになりました。
痛み止めの注射を打ったのですが、状況はかわらず。

くりベッドは大人気。
くりちゃんもくりベッドに一回入ることができました。

くりちゃん:「いつも誰か入ってるから入れないじゃないー。(あたしのなのに)」
くりちゃんとくりベッド

そしてガッシュも・・・
ガッシュとくりベッド

そしてロミちゃんも・・・
ロミ「くりベッドに無理やり入るのが醍醐味よねー」
ロミちゃんとくりベッド


そして・・・なぜ一匹でもきついくりベッドに、よりによって体重過多のあなたたちが・・・

続きを読む
22:37 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

おこた解禁

昨晩は寒かったので、この冬初めてハロゲンヒーターをつけた。

キジ「やっぱりハロゲンはええのお~」

初ハロゲンとキジたろう

そして、今日は暖かかったが、とうとうおこたを出しました。

ミケはまだこの中に入れるとは知らない・・・
こたつとミケ


今日はお客様がきたので、ミケ、クレオ、ロデムはいっぱい遊んでもらいました。よかったね!

お客様大好きのくりちゃんだが、今日の昼から急にびっこをひき始めた。
右足がおかしいようだ。
明日病院へ行かなければ。今朝までは大丈夫だったはずなのに・・・。
今、コタツの中で休んでいます。

くりちゃん「足痛いの・・・」
くりちゃんとこたつ

なんでもないといいのですが、足は痛そう。
一難去って、また一難・・・。
22:52 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

キャットタワー(一等賞)

私がいつもキャットフードを購入しているネットのお店の懸賞に応募したら、一等賞の小型のキャットタワーが当たった。
これで今年一年分の運を使い果たしたようで、喜んでいいのかわからないが、とりあえずキャットタワーが送られてきた。

キャットタワーはうちの猫には小さくて、猫が入れる穴が開いているものの、どの猫(揃っておデブ)も入れない・・・
くりちゃんでさえ、入るのをあきらめたくらいだ。
細めのちゃまらんの後ろにあるのが、そのキャットタワー。

ちゃまらん、ロミちゃんとキャットタワー
キャットタワー

ロミちゃんは、エリザベスをつけていたとき、この穴に入りたくて入りたくて、何度もエリザベスごと穴に体当たりしていた。

無事にエリザベスも取れ、自由になった今、ロミちゃんの念願が叶うときが来たのだ!!
続きを読む
23:40 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

前の冬・・・

昨年末から今年の頭にかけての冬・・・
うちは居間にあるハロゲンヒーター一台で過ごした。
扇風機みたいな形のやつである。

極寒の日は布団をハロゲンの前に敷いたところ、猫たちはハロゲンの
熱が届くところにわらわらと集まってきた。
特にさくヤちゃんは毛がこげそうなほど近いところに陣取る。
仲の悪い猫たちも一緒に寄り添って暮らしていた。
ガッシュが居間に長時間いるようになったのも、ハロゲンの前に来てからだ。

コタツを購入したのもそういった経緯から。
やっぱり暖かいところをもう一箇所作ってあげたいのだ。
自分も暖まりたいのだ!! 去年はやっぱりちょっと寒かったからなー。多分、私が占領するんだろうなあ。

今年4月、寒い日の猫たちの様子。左側にハロゲン。
左から、さくヤ、ちゃまらん、ちゃまらんの奥にガッシュ、クレオ、一番右にキジたろう、手前にロミ。
2006年4月

23:33 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ロミちゃん快調に治癒!

木枯らし一号が吹き、寒いのか暑いのかわからない一日、いかがお過ごしだったでしょうか。
ねこやま家では、寒さのあまり、ガッシュがクレオに寄り添う姿が目撃されました。
そろそろコタツ出そうかなあ。

ガッシュ「寒いからクレオの尻に顔うずめ」
ガッシュとクレオ


真夏の8月に格安でコタツとコタツ布団を購入したんですよね。
そろそろ出番かなー。

ロミちゃんのお尻の肛門腺の傷は、快調に治っています。
ニンゲンの指も多分快調に治っています。
(実は怖くて指を見ていない。ばんそこの取替えも目をつぶってやっています。)

下はロミちゃんの現在のお尻。
ロミの治った尻

ロミ 「エリザベスもないし、尻も痛くないし、食欲わきすぎて太っちゃった~」

ええ・・・知ってます。くりベッドと一体化してましたよね・・・たしか。
ロミとくりベッド

23:53 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

アクリル毛糸たわし

アクリル毛糸たわしにはまった。

100円ショップでアクリル100%の毛糸を購入。
手のひらに30回くらい巻き付けて、真ん中をしばり、ポンポンを作ると、なんとたわしになるんです。
1個の毛糸玉から10個くらいはできます。安い!!

アクリルは油を吸着するらしく、フライパンも古い新聞紙で油をふいてからだと、
このたわしだけで十分洗えます。洗剤を使わないからエコノミー!
ステンレスの流しのくもりもバッチリ落ちます。
お風呂の水垢、石灰汚れもよく落ちまする。
(あまりひどくなったら、コストコで購入したカブーンで一発!ですが・・・)
ポンポンが汚れてきたら、換気扇などのギトギトをふき取ってそのままポイすればいいから、楽チンです。

ポンポンでも十分なのですが、毛糸なので編むことにしました。
しかし、皆同じことを考えているのか、100円ショップに行っても
アクリル100%の毛糸は品薄。しかも汚れの目立つ白しか置いてない。
カギ針も購入し、20年ぶりくらいに毛糸を編むことに・・・
意外と覚えているものですね。最後の始末の仕方は忘れちゃったから
無理やりぎゅうぎゅうに縛っとけ・・・と。

会社の昼休みを使ってせっせせっせと編むこと4枚。
これまた良い気分転換になることも発見。
第一、成果が現れるってのは気持ちいい! 
これで浴槽の掃除も楽チンになるはず!

しかし、猫を10匹も飼い、編み物までして典型的なオールドミスの道をひたはしるねこやま。
20年前、自分がこうなろうと誰が思っただろうか。
第一、私は猫が好きではなく、完全な犬派だったんだっけ・・・(しみじみ)。

アクリルたわしとちゃまらん

アクリルたわしを乗せられたちゃまらん
22:47 | 猫以外のこと | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

仲のいい猫・悪い猫

大人の猫、しかも元ストリートキャット(野良ともいう)と10匹家の中で暮らしているが、不思議にもなんとかなるもんである。
ミケのあとに2匹目のキジたろうを迎え、シャーシャーのキジたろうが馴れないままくりちゃんを拾ってしまったときは、「相性が悪かったらどうしよう」と余計な心配をしたものだ。
10匹にふくれあがってみると、お互いに距離を置きながら、なんとかみんな自分の居場所を作っている。この呼吸がわからないロデムは今、みんなから総スカンをくらい、ちょっと部屋を横切れば殴られ、蹴られ、追い回されてかわいそうである。
仲良しグループ、苦手猫、好き猫も月日が経つにつれ様変わりした。
しかし、「猫づきあいの悪い猫」と「猫づきあいのいい猫」はわりとはっきり分かれている。

●猫づきあいのいい猫: ミケ、クレオ、ちゃまらん
●猫づきあいの悪い猫: ロデム、キジたろう、くりちゃん

ここで重要なのは、ロデムとキジたろうは決して猫が嫌いなわけではないということだ。
2匹とも、みんなとお友だちになりたくて仕方ないのだ。
ただ、みんなに嫌われるアプローチをかけ、失敗した結果なのだからやるせない。

くりちゃんは明らかに猫嫌いです。

さらにミケ、クレオ、ちゃまらんとも、別に猫大好きなわけではないから不思議だ。
これはひとえに猫望ってことらしい。
ニンゲンでも、何もしてないのにやたら友達が多い人がいるが、ま、そういったタイプ。
いろんな猫に慕われるものの、「うぜー」「一人にしてくれ」「めんどくさー」とつぶやいているミケである。
クレオに至っては、慕ってくる猫に飛び掛るわ、餌は奪うわ、果ては無視。
それでもなぜクレオがそんなに好かれるのか、傍で見ていてもわけがわからん。

そんな猫たちの悪相ツーショット集:

悪相ミケ・キジたろう

この2匹は最初に来た二人だったせいか、今でも仲良し。
キジたろうはみんなに嫌われているが、キジと嫌わないのはミケ、ちゃまらんだけである。

キジとクレオ

最近キジたろうが積極的にクレオにアタック!
クレオが寝ていると寄り添う姿が目につくようになった。
クレオはキジが苦手なので、しばらくすると音もなく姿を消す・・・

さくヤとちゃまらん

写真写りが悪い(私の腕が悪い?)猫の中でもガンを飛ばすとホントに
怖いこの2匹。なんでこんなに悪相なのか・・・
23:30 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

10猫の食事

うちの10猫は一日に3回食事をする。
朝、夜、深夜である。

朝は出勤前の8時ごろ、モンプチ一缶にくりちゃんの口内炎治療のための
サンクロンという熊笹抽出液をまぜる。
最初のころは一滴か二滴しかいれなかったのだが、今では目分量でどぼどぼ入れる。モンプチはかなり緑色に染まり、見た目はグロい。

サンクロン色のモンプチのうち、くりちゃんが食べきれる量をくりちゃんのお椀に入れる。
くりちゃんのお椀には、これまた口内炎の痛み止めサプリのユッカ・インテンシブを2滴入れる。
くりちゃんにはまずこれだけ食べてもらう。

尿路結石のキジたろうのお椀には緑のモンプチをお慰み程度を入れ、
さらに尿路結石を溶かす療法食のヒルズ、s/d(固形)を一掴み入れる。

残りの緑のモンプチは8等分にして健康な猫たちのお椀に分ける。
1猫につき、ふた口分くらいになる。もっとあげたいのだが、贅沢はできない。
健康な8猫用には、ニュートロのライト(固形)を一掴み弱くらい足す。
この段階で猫たちは私の足元で殴りあいの大喧嘩をしており、
クレオが「餌クレオー!」と泣き叫ぶ中、間違えないようにお椀を各猫の前に配置。

ダイエットが必要なミケ、クレオは少なめのお椀。
痩せ気味のロデム、ちゃまらん、さくヤは多めのお椀。

キジたろうは他の猫のご飯を盗み食いすると、すぐに結石ができてしまうため、別室で隔離してご飯をあげている。
本人もちゃんとわかっていて、別室で待機している。

ピョンタも、別室でじっとご飯を待っている。
現在隔離してご飯をあげているのは、この2匹だ。

くりちゃんは、台所の喧騒を離れたところから見ている。
くりちゃんの口内炎は、小さい粒のドライフードだと、かえって患部に貼りついてしまい、
飲み込むことが難しいのだ。とはいえ、花びら型も患部にあたって痛いらしく、
結局1センチくらいの長さで平たくて卵型のニュートロが一番食べやすいようだ。
同じニュートロでも、丸っこくて、まん中に穴が開いてるやつは、大きすぎて食べにくいらしい。

ニュートロドライは9kg入り4300円くらいでネットで購入。
ミケも食べるので、ライトにせざるを得ない。抜け毛の時期には健康な猫用にヘアボールも購入。

くりちゃんにはサプリ入りのモンプチを手で食べさせてから、やはり手で固形のニュートロライトを食べさせている。
くりちゃんは歯が犬歯3本しか残っていないので、うまく食べられないのです。

しかし、くりちゃんばかりに構っていると、早食いミケや、クレオが他の猫のご飯をかっぱらってしまうので、注意が必要。

朝の30分はこうやってあっという間に過ぎていく・・・

夜は帰宅してすぐに食事。モンプチが黒缶くらいの大きい缶詰になるだけで、あとは一緒。

深夜、1時近くになるとクレオが騒ぎ始め、猫が自然に台所に集合し始める。
仕方なしに、固形の餌を10粒づつくらいづつくらいあげなければならない。
ここで夜食を出さないと、翌朝5時にクレオにたたき起こされる羽目になるのだ・・・


静まり返る台所での食事風景
すでにクレオがミケのご飯を奪っているのがわかる。
お食事風景

23:22 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ロデム邪魔ばかり

指のことはとりあえず様子見ってことで、今日の外出予定はキャンセルさせていただき、家で寝て過ごすねこやま(あるいはニンゲン)。

しかし、2ヶ月に一度のフォスター・プラン翻訳ボランティアの書類が送られてきたことを思い出す。
15人分の子どもたちの一年の記録を翻訳し、プリントし、ホチキスで止めるボランティアだ。

締め切りは11月28日であるが、油断してはいけない。
めんどくさがりのねこやまは、いつも締め切りギリギリまで放置した上、
締め切り直前の土曜日夜にスタート、朝の5時まで泣きながら作業を続けるのが通常。
しかも終わったと思ったら、プリンタのインクがなくなったり、ホチキスの針がなくなってたりして翌朝寝ずに物資調達とドタバタしてしまうのだ。

今回はなんとか早めに終わりたいものだ。今からやっとこう。
しかし、その間重要書類にキジたろうが乗って転がるわ、ロデムがやたらにベトベトとまとわりつくわで、作業にならない。
ロデムはいきなりキーボードに乗っかってデータを削除するわ、で嫌がらせとしか思えない。

みんなにシカトされ、クレオには毎回マウントされて、すっかりニンゲンだけがお友だちになったロデムは、撫でて、撫でてと本当にしつこい。

ちょっとかわいそうで撫でたりすると、キジたろうが「僕も、僕も」と
モーモーのポーズ(お尻を高く上げる)で撫でられるまで待っている。
結局右手にロデム、左手にキジたろうと撫でてれば、作業がはかどるわけもありません。

なんとか11人分まで終わったので、ちょっと一安心。
来週もなんとかがんばろう。


ロデム「撫でてください~。ニンゲンだけが頼りですう」
撫でられ好きロデム

21:00 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ニンゲン、病院へ行く

昨日の朝、絆創膏を取り替えたが、血が止まっていたなかったニンゲンの指。
祝日の救急病院へ行こうかとも考えたが、「実は大したことないかも」と
理性が働き、猫用のテープでぐるぐる巻きにして耐えたのだった。

今日は朝から外科をインターネットで探すが、外科をやってる病院って以外と少ないことが判明。とりあえず見当をつけて9時半に向かう。
しかし、その病院が見つからない。 たまたま、看板で別の病院を発見。飛び込んだ。
10時チョイ前だった。

スプラッターな内容が続きます。嫌いな人は読まないで下さい。

続きを読む
23:03 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ニンゲン、怪我をする

昨晩、サラダを作ろうと、スライサー(野菜を薄くスライスできるやつ)で、きゅうりをスライスしていた。猫たちが足元で殴りあいをしていたので、ちょっと気が散ったそのとき・・・。

痛い記述が続きます。スプラッターの苦手な方は読まないで下さい。

続きを読む
21:17 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

スイブルスイーパー

ねこやまは、通販が好きである。
テレビの通販番組を1時間でも見ていられる。
そしてしっかり洗脳されるのだ。私を洗脳するのに薬は要らない。

ねこやまは掃除が苦手である。
平日は何もせず、土曜日に重い腰をあげて、2時間以上かけて掃除する。
しかし、10匹も猫がいると、半日後には猫砂が散乱し、ダンボールの
爪とぎからは紙くずがちらばり、毛が大量に落ちている。

そのずぼらな性格が祟り、ねこやまは猫アレルギーになってしまった。
鼻水とくしゃみのオンパレードである。

だから、「簡単お掃除グッズ」には敏感に反応。
1年近く悩んだ末、スイブルスイーパーを手に入れた。

音はうるさいが、まあ耐えられないほどでない(深夜に掃除はできない)。
とりあえず、猫砂と紙くずはお掃除できるから、毎日ちょこちょこ
掃除する分には問題ない。
だが、来客時の掃除にはまるで向かない。
細いすきま(スイブルスイーパーより狭い)は、まったくきれいにならない。あと、床の端っこのゴミもコマーシャルでやるほど取れない。
やっぱりふつーの掃除機にかなうものはなく、しばらくスイブルスイーパーはお蔵入りになっていた。
そして、また一週間に2度くらいのずぼら掃除にかえってしまった。

しかし、ロミちゃんの肛門腺が破裂したため、傷口にゴミが入るといけないと思い、
ここしばらくは掃除機とスイブルスイーパーを使って一日交代で掃除をしている。
今や床の隅のゴミなんて問題ではないのだ。

以前テレビで散々やってたサットリーナサイクロンというハンディクリーナー
(吸い込み弱すぎで全く使い物にならなかった・・)に比べれば、スイブルスイーパーの方が相当活躍している。

うちの猫で掃除機を怖がらないのはくりちゃんとクレオ、さくヤちゃん。
スイブルスイーパーを怖がらないのはガッシュ。(掃除機はこわい)
恐怖の感覚がよくわからない。結局、ニンゲンが一番怖いのか、ガッシュよ。

くりちゃんは、掃除機で直接毛を吸っても大丈夫です。
怖いもの知らずのくりちゃん

23:06 | 通販 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。