スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

なぜ灰色は鳴かなかったのか

いつも帰宅すると猫たちは全身で喜びを表現してくれる。
玄関にはミケ、サックンが待ち構え、クレオが泣き、ロデムが走りまわり、ロミちゃんがいそいそとやってくる。サックンは嬉しさのあまり、おなかをみせて転がりまわる。

今日・・・

玄関を開けても誰もいない。リビングに行ってもみな、やたら静かである。いつも「ご飯クレオー」と騒ぎ立てるクレオ(灰色)も鳴かない。

みなニンゲンを無視。もしくはただ「撫でてー」というばかりだ。
ただ、別室で閉じ込められていたピョンタちゃんだけは、「おかえり!ご飯は?」といそいそと出てきた。

おかしい。一体猫どもになにがあったのか・・・
名探偵ミス・マープルならぬミス・くりちゃん曰く・・・

くりちゃん 「あなた、今日は遅く起きてきたわね」
ニンゲン  「はい、確かに。今朝はクレオが起こしてくれなかったので、いつもより30分も遅く起きました」
くりちゃん 「それでもあなた、朝大慌てだったわね。餌の蓋、ちゃんとしめたかしら」
ニンゲン 「ああーーーーっ!!」


台所にいってみると、蓋の開いた餌入れが転がっており、中身が食い尽くされていた・・・蓋はキッチンカウンターの上においてあった。
確か蓋は閉めたと思ったのだが・・・

ミス・くりちゃんの推理によると: 朝、寝坊したニンゲンはトイレ掃除、水の取替え、ご飯の支度を大慌てで行った。スクリューキャップの蓋付きの餌入れをあわてて閉めたため、蓋はゆるんでいた。その後クレオはキッチンカウンターにのぼり、蓋を開け、餌入れを床に落とした。
床に落ちたはずみで中の餌が四方に飛び散り、別室で閉じ込められていたピョンタ以外の全員が餌をたらふく食べたのだ。

ニンゲン: でも、でも証拠は??
容疑者の面々
容疑猫

お食事中の方は続きを見ないで下さい。
続きを読む
スポンサーサイト
20:40 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

猫のシンクロ

水がなくてもシンクロできます。うちの猫ども。

まずはミケとキジたろうのデュエットから。
ミケとキジシンクロ1

ミケとキジシンクロ2

みんなもできるよ! 
集団シンクロ1

集団シンクロ2

ミケ 「シンクロ・・・ってこじつけすぎではないですか?これは明らかにパチンコの開店を待っている図では・・・」
21:26 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ノロは猫には伝染らないらしい

昨日ノロウィルスについてちょっと書いたのだが、ノロウィルスはニンゲン様の専売特許らしい。
猫には伝染したとう報告はないようだ。

よかったね。猫ども!

サックンは昨日の夜食からご飯を食べ始めた。
餌を替えてみたのがよかったようだ。まだ本格的に食欲が戻ったわけではないが、ほっと一安心。

それに引き換え、くりちゃんの足が地面につかなくなってきた。
これは本格的に脱臼しているのか・・・
ちょっと覚悟しなければならないかもしれない。

どんどん寒くなってきた今日このごろ、くりベッドはひどいことになっていた。

ガッシュ 「ううっ、寒い。ハロゲン脇のくりベッドはサイコー!」
ガッシュベッドでお休み

ガッシュ 「あれ、なんかベッドの隅においやられているような・・・」
ガッシュとクレオ

クレオ 「おじゃまします~」
ガッシュ 「ひ~! ぐるじい~」
ガッシュとクレオ2

ガッシュ 「なんでおいだされなきゃいけないの~」
クレオ 「勝った! うきっ!!」

ガッシュとクレオ3


くりベッド、大盛況。
21:15 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

サックン、またご飯が食べられなくなる

サックン(さくヤちゃん)の食欲が昨日から無い。
今朝はほんの少しご飯を口にして残してしまった。
仕事から帰って缶詰を与えるが、口をつけずにほとんど残した。
サックン、また病院に行くかい?
今度は麻酔にレントゲンかもしれないぞ。どーする、サックン。

ただ、この間とちょっと症状が違う気がする。
風邪をひいたか、サックン。最近目から目やにも出るようになったし。
だいたい、いつも座っている場所がハロゲンに近すぎるのだ。
ハロゲンがないと、寒さが厳しいこの昨今。温度差が激しすぎないか?
サックン、少しは考えたらどうなのさ。

サックン 「だって、ここが特等席なんだもん。誰にも明け渡さないわよ」
やっぱり近すぎ・・・

サックンとハロゲン


ところで、ノロウィルスが蔓延しているこの頃ですが、いったい猫にもノロウィルスは感染するのだろうか。

ここから先はよろしくない内容になりますので、お食事中の方やよろしくない内容が苦手な方は読まないで下さい
続きを読む
23:29 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

寒がりくりちゃん

お久しぶりでございます。
猫たちは寒い中なんとかやっております。
くりちゃんの足が悪化したように思うのが気になります。

口内炎も悪化したようで、お口の中が真っ赤です。
寒くなってきて、免疫力が低下しているのでしょうか。
でも、くりちゃん、頑張ってご飯をたべています。
6月にステロイドを打って、とうとう半年を迎えようとしています。
でも、くりちゃんは他の猫にくらべて、相当痛みに強いようです。

ニンゲンのお膝が大好きですが、毎日10分乗れたらいいほうです。
ニンゲン、忙しいの。ごめんね。

コタツはくりちゃん専門になりました。
くりちゃん、今年の冬は頑張って乗り切ろうぜ!

くり「ニンゲン、もう少しお膝乗っててもいい?」
ニンゲン「ごめん、トイレ~」

ニンゲンの膝にのるくりちゃん

23:27 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ロミちゃんと芋虫 (日本昔話風)

むかーしむかし、ロミちゃんは、一番活発な女の子でした。
猫じゃらを振れば、真っ先に飛んできて跳ね回り、誰も手が出せないくらい
おてんばな女の子でした。
ところが後から、猫番恐子(サックン)やら、手加減を知らないロデムやら、ずーずーしいクレオがやってきて、猫じゃらを奪ってしまいました。
ロミちゃんは、寂しく後ろで、じっと暴れまわる後輩猫を見つめることが多くなりました。
特にニンゲンが1200円で購入した、ピンクの芋虫がついた釣竿型の猫じゃらしを、ロミちゃんは触りたくて、遊びたくてしかたありませんでした。
でも、ニンゲンが奮発した1200円の釣竿型ねこじゃらしは、届いた翌日には、糸がクレオによって噛み切られ、釣竿には残りの糸がからまって、ロミちゃんが触る前に使い物にならなくなってしまったのでした。

ある日、ロミちゃんは極悪3猫が眠っているのに気づきました。
そして足元には、なんとあの憧れのピンクの芋虫クンが転がっているではありませんか。
続きを読む
23:17 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

今年のちゃまらん、一味ちがう

ちゃまらんは最初、相当のビビリであった。
しかし、比較的初期にうちに来たので、今では相当えばっている。
新人さんたちにはとりあえず飛び掛ってみたり、うなってみたり。

本当は弱いため、調子にのって最強のロデムに唸ってしまい、反撃にあって目をつぶし、爪を折り、必ず負けた。
会社から帰ってみたら、開かない目から涙をボロボロこぼしたちゃまらんが、
いつも行かないような隅っこでぐったりしていたので、あわてて翌日病院へ行った。

今はロデムが弱くなったため、喧嘩はない。
ちゃまらんはあの当時の恐怖が抜けきれず、お互い距離を保って無視しあっている。

現在の被害者はピョンタちゃんで、気弱なピョンちゃんは、実は弱いちゃまらんに毎日襲われておる。
早く自分のほうが確実に強いと気づくといいのに、ピョンタ。

そんなちゃまらん、好きなことは人間の足と二の腕をなめること。
時々はお顔もなめます。かなりしつこく。
ニンゲン顔荒れまくり。もういいですけど。

そんなちゃまらん、この冬ニンゲンに急接近。
お膝にのったり、腕枕されたり。

●証拠写真


右側にニンゲンがおります。ちゃまらん、よっかかってくれてます。
クレオ、キジの喉笛にかみついているところ。
3匹とニンゲン

ちゃまらんとクレオは運動会仲間で仲良しです。

デブニンゲンの腹とお膝に乗るちゃまらん
ちゃまらんとデブニンゲン

ちゃまらんとニンゲンの腹

でもあんまりリラックスしてないようなのはなぜ?
23:49 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

灰色ドアを開ける

クレオはあまりにヒドイ振る舞いが続くため、夏ごろから悪いことをすると「灰色」と呼ばれるようになった。

クレオは、あおぞらさんが灰色なので「グレー」から「グレオ」と呼んでおり、うちでお預かりする際にグの字の点々を取って、「クレオ」になったものだ。

クレオの悪行に関しては、

続きを読む
22:27 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

猫草パーティー!!

coo-chakoさんから無印の猫草をいただきました。
紙袋に入っているのが画期的!

大事に育てて、昨日あと一歩のところまで成長。
ミケにばれないようにこっそり育てていたのだが、
水をやっているところ、ミケにばれてしまった。
それまで、ミケはただの袋だとおもっていた。

一度猫草だとばれてしまうと、もう大変。
食べる気満々のミケは目を見開き、どこまでもどこまでも必死でついてくる。。。

観念しておげました。
もうちょっと育てたかった・・・
続きを読む
22:50 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

あおぞらさんより新募集

あおぞらさんから新たに募集がかかっています。

たまちゃんの募集です。詳しくはこちらから。

たまちゃんの飼い主のおばあさん、たまちゃんが追い出されたと知ったら本当に無念でしょう。
ニンゲンの心ひとつで動物の運命は変わります。
あおぞらさんが保護した亀のふくちゃんもそうでした。
ふくちゃんにはとても素敵な家族がみつかって、一安心ですが、こういった動物たちの運命は、決して人ごとではありません。
もし私になにかあったら、うちのニャンズたちはどうなってしまうのか。
10匹いっぺんに路頭に迷ったら・・・と考えると本当に怖くなります。

大人になってから暮らし始めた猫でも、いつかはきっと心を開いてくれます。
女の子の猫はべったりの子は少ないけど、味があっていいものです。
自分の私財をなげうって多くの猫を救ってきた方の最後の家族です。
一緒に暮らしてもいい、という方がいらっしゃいましたら、あおぞらさんにご連絡ください。


仔猫(今では中猫?)のひまわりちゃんと智ちゃんも2匹一緒に暮らしてくださる家族を募集中です。

どうぞ、宜しくお願いします。

ミケ 「うちら先輩猫からも、どぞ宜しくおねがいしまっす。」
ミケとくりちゃん小屋

23:45 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ビビリ猫ピョンタ

ピョンタちゃんはビビリ猫である。
まだ怖くて隔離部屋から出てこない。この隔離部屋は歴代の猫に評判が悪く、
(みんな最初にこの部屋に入るからだと思うのだが)みんな早く出たがったものだ。
私はここで寝ると動悸がする。年のせいかもしれないが・・・。

ところが、ロデムにキジたろうという怖い先輩が何度かピョンタを脅したことから、ピョンちゃんはこの部屋から出られなくなってしまった。
クレオがいないとなかなか隠れ家の隙間から出てこない。
でも、クレオが来るといそいそと出てきてクレオにべったりである。

ピョンタ 「ねえねえ、クレオいる?」
すきまからピョンちゃん

クレオはこれを完全無視。ピョンタちゃん、本当にお気の毒。
クレオがいるときは、ピョンタにさわれます。
コロンと転がるので、おなかもさわれます。
撫でられるのは大好きだけど、ニンゲンだけだとまだ恐怖。

ただし、ニンゲンの体がベッドに入っているときは、ベッドの下にやってきて、「なでて~」とリクエスト。
無理やり腕を伸ばすニンゲンは時々筋がつる。でも絶対ベッドにはあがって来なかった。

今日ニンゲンがお昼寝(いつも眠い)をしていると、クレオが布団にあがってきた。ピョンタもすかさずベッドに乗ってきたので、ベッド上で撫でることが出来た。
でも、クレオがベッドから降りてしまうと、またまた怖くてピョンタもベッドからおりてしまった・・・。

でも、怖がりでビビリの猫ほど、ニンゲンに撫でられるのが大好きでベトベトしてきますね。
ただし、ニンゲンが座ってるときのみ。立ち上がるとベトベト猫たちは脱兎のごとく逃げていく。ちゃまらんは未だにシャーといいます。

ベトベト猫:キジたろう、ちゃまらん、ロデム、ピョンタ
ご飯のときだけベトベト:ミケ、さくヤ、ロミ
寒いときだけ膝乗り猫:くりちゃん
撫でられるのきらい:クレオ、ガッシュ

女の子(ギャル)たちはさっぱりしている。おごってもらうときだけやたら愛想が良くなる。人間界と同じだとつくづく思う・・・

あたしゃ、メッシーか(古っ)・・・
19:33 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。