スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

灰色ワッフルを喰らう

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


今日はお客様がいらしたので、くりちゃんとロミちゃんは大喜び。
くりちゃんはお客様のお膝にのったり、お客様に構われてとても嬉しそう。
お客様の前で大もしました。本当に人間大好きなくりちゃん。
よかったねえ。

さて、他の猫ども。
クレオは早々とお客様の前に姿を見せ、灰色ぶりを発揮。
お客様の前で「なあ~」と気のない鳴き声も聞かせる。
ミケもお客様にスリスリ。

コタツの中にはガッシュ、ちゃまらん、サックン、キジたろうがこもっていた。

あったかコタツ

さて、お客様はのこのことでてきたピョンタちゃんや、なぜかコタツからびっくりして鉄砲玉のように逃げていったキジたろう、匍匐前進でひっそり姿を消したちゃまらん、初めてのお客様にうろたえて逃げ惑った夏乃ちゃんなど、全猫を見ていかれました。

楽しく過ごした後、お客様をお送りして帰ってみると・・・

お客様からいただいたワッフル(生クリームがはさんであった)の箱に齧られた跡が!!その中に一生懸命鼻をつっこんでいるのは案の定灰色(クレオ)!

もう怒る気にもなれん。

夏乃ちゃんはピョンタの隠れ場所(壁と箪笥の間)を奪い取り、ピョンちゃんは行くところがなくて部屋をうろついている。
このまま馴れるといいのだが・・・

夏乃「一応仲良しなのよ」
ピョンちゃん「じゃあ、なんでボクをぶつんですかっ。」

ピョンタと夏乃ちゃん1

スポンサーサイト
20:56 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

大所帯のお食事

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


大勢のお食事はいったいどうやってあげているのか、と疑問の方もおられるだろうと勝手に想像して、今日はねこやま家の夕飯の様子をお見せしよう。時間は夜8時20分である。

ニンゲンが台所に立つと、わらわらと猫が集まってくる。特にミケは待ちきれず、缶をあけるなりいやしさ際立つ振る舞いが目立つ。

ミケ「早く、早くしてくださいっ」
待ちきれないミケ

CADのトール缶にサンクロンをまぜて、11匹で分け合う夕食である。
待ちきれない猫どもは、なぜかここで殴り合いを始める。
だいたい、
ちゃまらん VS サックン、
ちゃまらん VS クレオ、
クレオ VS サックン、
ガッシュ VS ロミちゃん
の組み合わせで殴り合っている。

ちゃまらん 「ぼかぼかぼか」
サックン 「よくもやったわねっ。100倍返しよっ」
クレオ 「ひー」

殴りあう猫

さて、その間ニンゲンは足で猫どもの喧嘩を止めながら食事の支度。
クレオはその間なきっぱなしでうるさい。食事のできあがりは以下の写真。
猫ご飯

手前の列左から二番目がキジたろうのお椀。缶詰は申し訳程度で、s/dがちりばめてある。
二列目の左から二番目がくりちゃんのお椀。サンクロンの一番強いところを食べきれるだけ盛って、アースリスージとユッカ(痛み止め)のサプリをまぜてある。
他はほぼ均等にわけた(ミケとクレオは少なめ)缶詰に季節のカリカリを加えたもの。

とりあえず、うるさいミケとクレオに先にお椀を渡し、あとは間違えないようにみんなに配る。

猫ども 「・・・・」
お食事風景

飯を食っているときはやたらに静かである。
ピョンタとキジたろうは個室でお食事をする。

くりチャン 「鱗は痛いの。小骨はとって頂戴」
くりちゃんのお食事

口内炎のくりちゃんは缶詰も固まりは食べられない。ほぐしながら、手で与える。もちろん、お代わりも皆に与える。皿に一気に盛るとデブるため、最初は少なめに与えて、手で3粒づつ位時間をかけてあげているのだ。

夏乃 「あー喰った喰った。ねむー」
サックン 「リラックスしすぎよ、あのちび」

サックンとなっちゃんあくび

ご飯のあとはやたら大人しくなる猫ども。
しかし、11時に夜食を要求し、再度結構な量を喰い散らかすのであった。
23:27 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

夏乃ちゃん、すっかり溶け込む

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


おかげさまで、すっかりうちに馴染んだなっちゃん。
ふつーに居間を歩き回っている。みな、なっちゃんが進行方向にいれば、静かに避けて歩いている。なっちゃんも、むやみに皆にうなったり、パンチを食らわすことがなくなってきた。(ロデム以外・・・)

ミケちゃんも最初はなっちゃんを見るたびに毛を逆立てていたものの、今は普通に生活している。

ミケ 「(ギロッ)背後からくるんじゃないわよ」
ミケ、振り向き美人

夏乃 「あ、ばれましたか・・・」
夏乃ちゃんたじろく


なっちゃん、ニンゲンにも馴れてます。
昨日、今日もおトイレの粗相はありません。ニンゲンが大好きなのに、あまり構ってもらえません。もっとべったりしたい子です。爪もたてません。本当にいい子です。

夏乃ちゃんをベタ可愛がりしてくださる方、ご連絡お待ちしています。

夏乃 「あ、食いしん坊です。宜しくお願いします」
なっちゃん慣れてます-


夏乃ちゃん保護の経緯については、こちらからどうぞ  --> 3/29付けのあおぞらさんブログ

長毛さびのきょんちゃんもお預かり先、家族募集中です。
===> きょんちゃんのページ

他の子たちも待っています。どうぞ力を貸してください。
宜しくお願いいたします。
23:16 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

アボダーム大人気

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


ご飯にすぐあきるちゃまらんのために、いつもの格安な大袋がなくなったため、アボダーム チキンアンドへリング(鶏肉とにしん味)8.16キロ 3880円也 に変えてみた。

大人気である。まあ、いつもしばらくすると飽きるので、いつまでもつかわからないが、どいつもこいつも食べること食べること・・・

ちゃまらんはおかわりまでした。久しぶりのことである。

ちゃまらん 「まだ飽きてませんよ!ご飯くださいな」
ちゃまらんとミケ

お願いだから、最後まで飽きずに食べてください。

ミケは・・・明らかに激太り。クレオもずっしりと重く、おかげで朝の目覚めも早い。いつも肺のあたりにクレオは乗っかってくるのだが、本当に苦しくて目が覚めてしまうのだ・・・

ミケ 「何言ってんですか。こんな細いトコだって入りますよ」
ロミ 「ミケさん、顔が曲がってますよ」

ミケとロミちゃん3

こら、ムリしないよ、ミケ。あなたたちがそうやってムリするから、こないだ同軸ケーブルが切れたんだろうが!!

ああ、ミケやクレオにはまずくて、ちゃまらんだけおいしく食べられる都合のいいご飯ってないもんだろうか・・・

ミケよりかなり小さいサックンよりかなり小さい夏乃ちゃん。
昨日今日と比較的いい子でいます。
ピョンタの尻尾が大好きで、飛び掛ってはピョンちゃんを恐怖に陥れています。でも、ピョンタとは平和に暮らしている模様。
夏乃は何度もロデムを追い掛け回し、ロデムが命がけで逃げていくのを目撃。女って強い・・・

サックン 「こんなちびは無視です」
夏乃 「ねえねえ、尻尾うごかしてよー」

サックンとなっちゃん

あとは、猫同士仲良くなって欲しいものです。
22:58 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

あおぞらさんより緊急募集③

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。
タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。
家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。
どうぞ宜しくお願いいたします。
ねこやま家では、10猫中夏乃ちゃんをお預かりしています。
夏乃ちゃんの家族も大募集中です。人馴れしています。トイレを2個用意できるお宅がいいです(汗)。でもトイレのしつけも時間の問題ですので、これからも近況をアップしていきます。

夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。

あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。

ベルクカッツェトップページもこの募集にあわせて久しぶりに更新しました。
あわせてご覧下さい。宜しくお願いいたします。

10猫中、2番めに保護された長毛さびちゃんも待っています。
長毛さびちゃんの詳細は、4/19付けのあおぞらさんのブログからどうぞ。

今日の夏乃はいい子でいます。
くりちゃん(奥)と夏乃(手前)
おおさびこさび

遠近法の関係であまり夏乃が小さく見えないかもしれませんが、とっても小さいんです。
ミケと一緒の写真が撮れるといいのですが、まだムリですねえ。

っていうか、ミケの巨体がはっきりわかって気の毒かもしれん。
23:37 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ホタテだしと鶏がらスープのもと

朝、クレオらにやられた。
部屋および台所、寝室に見慣れない粉が散乱。

ホタテだし(未開封)と鶏がらスープのもと(未開封)がやられた。

犯人は灰色(クレオ)とキジたろう、ガッシュ、ミケ、その他が恩恵を受けたらしい。

朝、猫がおこさないので、8時15分まで寝こけていたニンゲンは、起きぬけにダシの袋を発見して発狂。あわてて掃除機をかけながら以下の言葉を吐き続ける。

ニンゲン (悲しくて泣いている) 「ダシなんか喰ったら塩気が多すぎて腎臓病になるじゃねーかっ。てめーら死にてーのかああーっ!!腎臓病の怖さをしらねーのかっ」
ニンゲンが怒り狂っているのを察知した猫どもはコタツ下に避難。

クレオ 「そんなのボクたち知らないよねえ」
ミケ 「袋置いとく学ばないニンゲンが悪いのよねえ」
サックン 「ホタテうましー」
ちゃまらん 「鶏がらもよかったっすよ」

ミケ、サックン、クレオ

なりちゃんやちりちゃん(ニンゲンの以前暮らしていた猫)は腎臓病で亡くなったんだぞっ(涙)

ああ、そして昨晩なっちゃん(夏乃)はドーム型のベッドにおしっこしてた。今日、布団カバーのすみっこ(わずかしか布がはみでていなかったにもかかわらず)オシッコしてた~。

どうやらきれいなトイレが好きらしく、トイレに一個でもオシッコがあるとほかの場所でやるらしい。ニンゲン、お仕事してるから、すぐにトイレ掃除できないよ。なっちゃん、贅沢すぎるんじゃない?

夏乃「きれい好きなのの何がいけないんですかっ」
なっちゃんすりすり

いい加減にしろよ・・・猫ども・・・

今、ダシの袋がしまってあった場所には、七味唐辛子の袋とにんにくの袋だけ置いてある。
どうだ、くってみい・・・痛い目にあわんとクレオはわからないからな・・・。とはいえ、クレオはきっちり七味とにんにくは触っていなかった。・・・さすが灰色、プロである。
23:52 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

なっちゃん(夏乃)とくりベッド

なっちゃん(夏乃ちゃん)、ニンゲンの寝ている布団さえなければ、オシッコはちゃんとおトイレでしているようだ。

なっちゃんを居間に出すときは、寝室は締め切りだ。
でも、昨日、今日とずっといい子でいる。
居間では他の猫は完全になっちゃんを空気のように扱っており、その中でなっちゃんが他の猫にちょっかいをかけるとみんな静かに離れる・・・というパターン。
クレオ、ロデム、ちゃまらんでさえもなっちゃんには手を出さない。
あと一月もすれば、みんな仲良くなれるとみた。

夏乃 「あら、くりベッドいい感じじゃないですか」
夏乃とくりベッド

本当はくりちゃんのですよ、夏乃ちゃん。

ピョンタ部屋にいるときは、ピョンタともつかず離れずでうまくやっているようだ。ピョンちゃんは、今までクレオがいないとなかなか触らせてくれなかったのだが、なっちゃんがいるときは、撫でてもらいに出てくる。

なっちゃんは相変わらずニンゲン命で、おなかを見せて「撫でて撫でて」としつこい。

仔猫の体型のくせに大喰らいのなっちゃん、すっかり重くなってきた

なっちゃんが来てから食欲が増進したミケは明らかに体重オーバー。
また6.4キロくらいになっているようだ。そっちが問題だな・・・

ミケ *「ざ布団じゃないのよミケなの、はっはーん♪
餌出せ言ってるじゃないの、ほっほーん
普通じゃないのよ体重、はっはーん
きれいなだけならいいけど
ちょっと食べ過ぎるのよミケちゃん~
ほぅほぅほー ほほほー♪」

座布団体型ミケ

*注 「飾りじゃないのよ涙は」のサビと一緒に歌ってください。
23:24 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

お詫びして訂正いたします

昨日のブログにて、夏乃ちゃんがトイレを覚えた、という情報をお伝えいたしましたが、真っ赤な嘘であったことをお詫びし、訂正いたします。

夏乃ちゃんはなぜか洗濯機の下にもぐりこんでしまい、ピョンタちゃんが他の猫に襲われるためにピョンタ部屋を締め切って出勤したところ、やっぱり私の寝室のベッドにおしっこをしておりました。

今回はしっかり低反発マットレスにしみており、低反発マットレスというのは所詮スポンジであるために、スポンジにしっかり染み付いて、においがとれん!!!
しかも洗うわけにもいかない5cmの厚みの低反発・・・

しかも、夏乃のトイレは実はピョンタちゃんが使用していたという事実が発覚!!一体今まで夏乃はどこで用を足していたのか・・・

夏乃様におかれましては、ピョンタ部屋へお戻りいただきました。
トイレがきちんとできるようになるまで、どんなに泣こうがわめこうが、ピョンタ部屋で暮らしてもらいます!!

夏乃 「あたし、ピョンタ部屋出たいのに~。あの白黒うざくって」
夏乃ごろごろ


あなたにそんなこという資格はありません。

お客様一号からいただいた猫草はすっかり芝刈り後のような状態に・・・

ロミ 「猫草大好き~」
ちゃまらん 「猫草命~」

猫草とちゃまロミ

この続きはお食事中の方は見ないで下さい。
続きを読む
22:57 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

夏乃ちゃん、トイレのしつけを覚えた(確実に)

夏乃ちゃん、99%トイレを覚えた。
今日出勤するときにニンゲンが寝ている部屋を開けっぱなしででかけてしまったのだが、布団にはしてなかった。
夏乃トイレにはきちんとオシッコしてありました。
よしよし。賢いぞ、夏乃ちゃん。

猫同士の付き合いは、女王夏乃に恐れをなしてみんな避ける避ける・・・
その夏乃にしつこく付きまとわれて、ニンゲンも避けられるようになった。
夏乃さん、いい加減誰でも彼でも襲うのはよしてください。
あなたの行動は初期のロデムの女版です。

夏乃 「あたし一人だけをかまってほしいのよおお。こんな茶色は殴ってやるのよおお。」
ちゃまらん 「このちび、マジ怖いです・・・」

ちゃまらんと夏乃

ちゃまらん、あなたはロデムには果敢に立ち向かっていったのに、女の子には優しいのか、あるいは女の子が苦手なのか、よくわからない人やねえ。
23:07 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

夏乃ちゃん、トイレのしつけを覚える(たぶん)

夏乃ちゃん、トイレを覚えた模様。
でも、マットレスはまだオシッコ防御のために、思いつく限り大量の立体的なもの、例えば小さい箱、シャンプー、リンス、使っていない電気の傘、ミニテーブルなどを置いており、泥棒に入られた後のような状況にしている。猫トイレはマットレスの上に置いてある。。

とはいえ、まだまだ信用できないので、夏乃ちゃんをピョンタ部屋から出すときは、私が寝ている部屋は閉めている。

夏乃ちゃん、ピョンタとどうやらうまくやっているらしい。
このまま、猫との付き合いも覚えてくれるといいのだが、居間に来るとニンゲンにびったり張り付いて、「ニンゲンの威を借る猫」、近寄る他猫どもにシャーシャーうるさい。

夏乃 「ニンゲンがいいの。人間とべったりいたいのよおお」
ニンゲンの手と夏乃

本当に人間大好き猫です。

でも、他の猫どもはまったく夏乃ちゃんを相手にしておらず、大人の対応。ロデムも飛び掛ったりしない。

みんな、本当にいい子になった、と感激のニンゲン。

今日はお客様がお二人お見えになったので、くりちゃんとロミちゃんにとって、天国のような一日であった。
お客様一号は、猫草だけを届けにわざわざいらしてくださった。
ありがとうございます。お客様一号。

猫草の様子はまたアップさせていただきます。

あおぞらさん、クレオのゆるい腰(足がまっすぐ後ろにのびる)写真を撮りましたのでアップしときます。

クレオ 「え、これってふつーじゃないの?」
腰のゆるいピョンタとサックン

ふつーじゃないでしょ、明らかにおかしいと思わんか?
23:50 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

低反発マットレスやられる

別室で寝ていたニンゲンの低反発マットレス・マットレスカバー、シーツ、掛け布団カバー、掛け布団がやられました。

実は今朝、まだ乾いていない布団を干して出勤したら、雨が降りまして、前より濡れました。まだ物干し竿は空いていません。
今晩天気がよければ洗濯しようと思って、まだ洗っていないカバーを洗濯機に放り込み続けていたため、とうとう洗濯機に入りきらない状態に。

おそるべし。夏乃。

でも今日は閉じ込めておいたら、オシッコトイレでしてたんだよなあ。
だから、大丈夫だと思って居間に出したら、たった5分で私の寝室に入り込み、さっそくしてくれたのだった。ありがとよ、夏乃。

今日、ピョンちゃんが夏乃にご挨拶している姿を目撃。
ピョンタと仲良しになってくれるならそれでいいか・・・オシッコくらい。

夏乃 「あたしが布団にオシッコしたこともしらずに撫でてるわー。バカねー、ニンゲンって」
夏乃ちゃんオシッコ後

この写真を撮った直後布団に入ったニンゲンは、オシッコに気づいて発狂。布団を洗うことになる・・・

不思議なことに低反発マットレスには匂いがついていなかったので、雑巾で拭くだけですんだ。。。
というか、猫アレルギーで鼻が効かないニンゲンが気づかないだけで匂ってるのかもしれない。
ま、ニンゲンが幸せなら、それでいいじゃないか・・・
23:37 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

敷布団1枚、掛け布団3枚

夏乃にやられた布団。

敷布団1枚、掛け布団3枚。しっこされた。
わざわざ別室で寝ていた私の布団まで遠征して、しっこした。
朝泣きながら布団三枚洗って干した。今帰宅したが、一枚は乾いていなかった。ううう。

亡き初代猫「なりさん」を思い出す。
ヤツは倒れているところを保護したときは10歳以上で、歯が三本の犬歯しかなくて、トイレでおしっこをしなかった。わざと布団や絨毯でやっていたのだ。(3本の犬歯のうち一本は、ニンゲンの石のように硬いかかとを噛んだために後に折れることとなる)
大はちゃんとトイレでするのに。亡くなるまで三年間、二日に一度は布団を洗ったものだった。

なっちゃんは昨日から大はおトイレでやってくれている。
あとはオシッコをうまくトイレでしてくれるといいのだが。
大変人間になつっこい、可愛い猫なので、早くトイレをしつけたい。

夏乃 「だっこもだいじょうぶです。ニンゲンの足元にくっついてあるってます。」
夏乃だっこ


しかも、クレオが恐怖するほどの最強の性格であるために、猫づきあいもしつけたいものである。まだまだ若い猫ちゃんなので、(一才いってないかも)まだまだ変化すると思われる。

夏乃 「誰にもまけないわよっ。おら、かかってこんかい!」
かかってらっしゃい

しかし、サビにはサビの仁義があるのか、くりちゃんには唸らないなっちゃん。くりちゃんもなっちゃんを無視。さすがサビ、心は通じているらしい。

くりちゃん「写真で見るとあたしと似てるわね、あのちび」
くりちゃん、観察する


あ、くりちゃんは夏乃ちゃんの1.5倍の大きさです。
あと、くりちゃんは尾長ですが、夏乃ちゃんの尻尾はちょっと短めです。
20:41 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ピョンタさん、大丈夫か?

夏乃ちゃんお預かりして一日経ちました。
最近ずっとピョンタ部屋(夏乃ちゃんが今いる部屋)で寝ていたニンゲンだが、昨晩は別室で寝た。

昨晩夏乃ちゃんは一晩中泣き続けておった。
トイレはもちろん、私の布団の上に。(泣)
しばらく新入りが来ていなかったために、そして最後に来たピョンタちゃんが最初からおトイレに問題がなかったこともあって、外猫ちゃんの場合、おからの猫砂が最初のうちは苦手なことが多いことを失念していたニンゲン。
明日鉱物の猫砂を買ってきます。

とりあえず、ビニール袋とペットシートを敷き詰めてマットレスを防御。
そういえば、ロミもサックンも、ちゃまらんも、ベッドの上でおしっこしてたよなあ。忘れてた、すっかり。今ではとってもいい子たちだから。

で、布団はバイオミックス入りの風呂につけ置きして、今干してあります。バイオミックスはおしっこの匂いを分解してくれます。
困っている方、お試しを。

ピョンタちゃんは朝食も食べなかった。
ピョンちゃんは夏乃ちゃんの隙を見て、トイレでオシッコをしていたが、大は出ていない模様。緊張しているらしい。

他の猫のうち、キジたろうの様子があきらかにおかしい。
どうやら夏乃ちゃんがいる、という緊張があるらしい。
ビビリだからなあ、キジたろうちゃん。

と書いたところで夏乃ちゃんが泣き始めたので様子を見に行ったら、ベッドの上に●んこが・・・。ビニールをはがし、ダンボールをどかし、マットレスになすりつけてあった。ふ●こが・・・。
片付けてきました。そしてついでに写真も撮ってきました(ふん●の写真でなく、猫どもの)

夏乃ちゃん 「何か文句あんのかしらっ。」
夏乃ちゃん2

とっ、とっ、トイレは砂の中でお願いします・・・っ。

ピョンタ 「ぼく、あの人こわいよお、クレオさんいる?」
ピョンタちゃん出られない

あなたは、なっちゃんの2倍の大きさです。
少しは強くなりなさいな。クレオがいつもいるとは限らないんだから。

---- 追記 ----

あのあと夏乃がさんざ鳴くので、仕方なしにピョンタ部屋をあけたところ、トコトコと出てきて、そのまま他の部屋を散策。クレオがお出迎えし、お尻の匂いなどを嗅いでいた。ところが、何故かクレオとウマが合わなかったらしく、そのままニンゲンのところに逃げてきて、手を出したら触りたい放題に(いきなり)。
この子はやはり仔猫時代に人間に面倒見てもらった経験があると思います。あと、威厳があるらしく、猫たちはこの子を苛めません。どちらかというと遠巻きに見つめている感じ。なんとロデムが恐怖で逃げてきた。びっくり。

サックンが自分とキャラが被る子が来た事を察知したせいか、怒ってコタツの下から出てきません。

しかし、二日目でベトベトになるとは・・・あんなにシャーシャー言ってたのに。早すぎ。ニンゲンにはなれたけど、でも、明日ニンゲン仕事だし、猫同士だけで大丈夫かなあ。
第一、トイレ覚えてないんだよね、この子。私の低反発マットレスにおしっこしたら、洗えないし・・・どうしよう。

夏乃ちゃん 「あの白黒と一緒の部屋にいるくらいなら、ニンゲンに媚びたほうがいいですう。」
夏乃チャン、なでられる

みんななんでこの子におびえる、または無視なのだろう。
無視はロミとくりちゃん。まるで夏乃ちゃんがずっといたかのように振舞っている。よくわからん。
22:03 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

夏乃ちゃん登場

今日からピョンタさんの同居人としてあおぞら猫の夏乃ちゃんがきています。
ピョンタはショックでご飯を食べていなかった。
夏乃ちゃんは完食。人馴れ度高し。あとは猫とどうやって付き合うか解ってくれてるといいんだけど。
先輩のピョンタはもう怖くてたまらないらしい。
引きこもってます。反面、夏乃ちゃんは鳴きつづけています。
ピョンタ部屋を開けると激しくシャーといいます。

ピョンちゃん、怖いだろうなあ。

トイレはお砂でしてくださいね。ピョンタちゃん、夏乃ちゃん。

まだ写真がとれませんので、詳細はのあおぞらブログからどうぞ。
家族募集中です。小柄なサビの女の子です。

明日は何か事件が起こる予感。

夏乃ちゃん(あおぞらさんのブログより勝手に拝借)
夏乃ちゃん1

23:26 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ピョンタちゃんに同居人?

明日から、ピョンタちゃんに同居人が来ます。

ピョンタ 「えええっ、もしかして、クレオさんがこの(すっゲー汚い)部屋にずーっと居てくれるとか~」
ピョンタ陽だまり

・・・いえ、クレオはこの(すげー汚い)部屋が大嫌いらしいので、それは違います。

では問題です。
明日からピョンタの同居人になるのは誰でしょう。

1. ニンゲンの母
2. ニンゲンの妹
3. ねこ

答えは明日!! (か、あさって)

ガッシュ 「ちっ、もったいぶりやがって」
サックン 「ほんと、ニンゲンうざいわね」

サックンとガッシュ

まあ、あなたたちが姿を隠すのは決定的でしょうよ。
楽しみに待っておれ。ヒッヒッヒッ
23:50 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

猫の毛の色について

最近、猫の毛の色について興味が沸き、ネットで調べていた。
うちではミケ、ロミ、サックンは三毛猫で、くりちゃんはサビ猫だが、この柄は女の子にしかいないというのは有名な話(オスの場合は染色体異常のために繁殖力がないという)らしい。しかしニンゲンがこの話を知ったのはミケがうちに来て、あおぞらさんに聞いたのが最初だった。

なぜかぎゅーぎゅーの三毛猫たち(ロミとサックン、実は奥にミケも)
狭いところの三毛猫

最近、「なぜあおぞら傘下茶トラ組(組員:オーちゃん、茶とらんさん、康次郎くん、シューちゃん、うちのちゃまらん)はみなオスなのか」という疑問に囚われたのだった。

なんと、茶トラの女の子って少ないんだそうだ。
どうりで茶トラ組はみんな男の子なわけだ。

茶トラの女の子が生まれるには、ママの毛色が三毛か茶トラ(これまた少ない)でパパも茶トラでなくては生まれないそうな。
それにひきかえ、オスの茶トラはママが三毛か茶トラならパパがどんな猫でも生まれるらしい。ふむふむ。

お気楽ちゃまらんとロミちゃん
ちゃまらんと三毛猫たち

さて・・・灰色は?
灰色の手

00:17 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

お客様だいすき その弐

土曜日にお客様がお泊りになられた。
もちろん、お客様とはいえ、うちに来れば仕事が待っている。

今日のお客様は猫草を育ててきてくださった。
さっそくお相伴にあずかる灰色ことクレオ

灰色 「ニンゲンがさぼりまくってたから、久しぶりの猫草ですわ、うまー」
クレオと猫草

2週間かけて育ててくれたお客様に感謝。
お土産が入っていた紙袋はくりちゃんに大好評!!

くりちゃん 「袋があれば入ってみなくっちゃ!」
くりちゃん紙袋

その心意気です、くりちゃん。
でも足が悪いのに袋に飛び込もうとするのは危険ですからやめてください。
深夜になると、おびえてコタツにもぐっていたちゃまらんとサックンが登場。すっかりお客様と仲良しに。

ちゃまらん 「もっと~。もっとです~」
ちゃまらんとサックン

お客様はクレオを連れてピョンタ部屋でお休みになりました。
ピョンちゃんにもさわったようです。朝はクレオにさんざんなかれたようでした。睡眠を奪ってしまってすみません。お客様。

ピョンタとクレオ(お客様撮影)
クレとピョンタちゃん

ところで最後までお客様に姿をみせることのなかったビビリのガッシュとキジたろう。お客様がお帰りになったあとも、「騙されないぞ」とばかりにコタツからでてこなかった。

今朝、やっと姿を現しました。もういい加減馴れてください・・・

お客様は狂ったように猫のブラッシングをされていました。
恐ろしいほどの抜け毛を採取したあと、クレオをみたら・・・

灰色に縞が浮いてました!!
毛繕いしてもらうミケ

どうやら、縞模様はちゃんとあったみたいです。縞が無くなったと思ったのは気のせいらしいです。
くりちゃんもサビカラーがきれいに浮き出てきました。
ミケも一見細身に。(毛が少なくなっただけだが・・・)
みんなきれいになりました。(働く)お客様っていいなあ。
22:46 | 猫以外のこと | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。