スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

くりちゃん用腎臓病サプリメント 防備録

くりちゃんの腎臓病用サプリ防備録。

禁煙して以来、ニンゲンは自然派となり、界面活性剤やパラベンの入っていないナチュラルシャンプーや、サプリなどを iherbから個人輸入しておる。ぎりぎり16000円分までは関税がかからないらしいし、120ドル以上購入すると割引になるなどして、送料と相殺され、総合してめちゃくちゃ安くなる。すでに3回ほど購入している。

オーブリーのシャンプーとか、RawフードのLarabar とか、Jason winter's tea とか、日本で買えば結構なお値段のものが激安。サプリも日本で買うより断然に安いし種類も豊富。

iherbで注文してみたいという方、初回購入時のみ、SAT797 <==この番号を注文画面のUpdteボタンの左横にあるボックスに入れると 5%オフでやんす。

iherbで入手できないものは、サプーで。ここは個々の値段は高くても、iherbで扱っていないものが手軽に購入できる。送料500円で。

で、個人輸入にすっかり慣れたニンゲンは、くりちゃんの腎臓病のサプリをUSのamazonで買った。

その名もEpakitin。送料が35ドルするし、この手のサプリは2か月分までしか買えないから、とりあえず3つ購入。
とにかくレビューの評価がよい。りんを吸着してくれるサプリらしい。

本当は、Azodylも買いたかったのだけど、要冷蔵のサプリらしく、日本に来るまでに効能がなくなると考え、あきらめた。なんでUSではポピュラーなこの手のサプリは日本に入ってこないのか・・・
ユビキノール CoQ10 も腎臓の悪い猫ちゃんに良いとのことなので、次に iherb でCoQ10買ってみようと思う。

追記: ニンゲン、禁煙して4カ月経過。
スポンサーサイト
16:24 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

くりちゃん、療法食を食べない

くりちゃんは爪を触られるのが大嫌いだ。
本気で怒る。そして・・・放っておいたら爪が肉球にささってしまった。

病院に行っって爪を取ってもらったが、「爪はさておき、腎臓の具合がよろしくなさそう」という。
すでに爪を切られてカンカンのくりちゃんに、「また血液検査に来てください。この様子だと、毎週輸液に来ていただくようになるかもしれませんが」といわれる。

老猫にはつきものの腎臓病、とうとうくりちゃんにも来てしまったか・・・

しかし、意外にも思ったよりは検査の数値は悪くなかった。
BUN 41.5 CRE 2.1 TP 8.2
2年前の検査では、BUN 36.1 CRE 2.0 TP 7.8 なので、思ったよりはよかった。
とはいえ、くりちゃんは立派な慢性腎不全です。
とうとう腎臓病のご飯をすすめられ、様子を見ることになった。

しかしくりちゃんはお口が痛いので、ネフラーゼなどの粒粒はきらい。
食べにくい形のご飯も嫌い。ベトベトする腎臓病用のウェット食も嫌い。

で、日本で流通しているすべての腎臓用療法食を拒否。
仕方なく、ドイツのアニモンダのお試しセットを購入。
味はどうやらおいしいらしいのだが、ドライのほうは粒の形状がくりちゃんには食べにくく、ボロボロこぼしてしまい、いやになってしまう。
ウェットの方は、チキンを開けたのだが、ちょっとしか食べない。

病院の先生からは、「ご飯食べない子の場合、ご飯を缶詰に変えるだけでも、腎臓の負担はやわらぐ」とのことなので、これから夜ご飯だけでも缶詰にしたい。
今日はくりちゃんの食べ残しのドクターズケア 腎臓用かりかりを水でふやかして、電子レンジでチンし、アニモンダのウェットの残りをまぜ、くりちゃんの大好きなフツーの缶詰にまぶしたら、80%は食べてくれた。

また、今後くりちゃんが療法食を全く食べない場合に備えて、あらゆる手を尽くすことにした。
とりあえず腎臓病にもよいという、コスモスラクトも購入。猫の飲み水に10滴まぜる。くりちゃんのご飯にもまぜる。ペット用の乳酸菌。

なお、ほとんど気休めのような気もするのだが、プレミアムゼオライトなる解毒作用があるという液体も購入。
業者のサイトはいっぱいあるのだが、使用している個人のサイトがほとんどないのが不安だ。
しかし、とりあえず一瓶使ってみよう。

ゼオライトがなくなったら、ジェモセラピーを取り入れてみたい。こちらは、獣医さんが進めるケースもあるようです。

くりちゃん、なんとかご飯を食べてください・・・

くり 「まずいものは絶対に食べません」くりちゃん、実は去年の写真・・・

01:06 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。