スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

おかえり、ロッシー

ロッシーが戻ってきた!
ロッシー、50日くらい入院したんだけど、きちんと抗生物質を6週間飲んで、歯の治療もして、元気になって、ブクブク太って戻ってきました。
急死に一生を得て、それなのに人間にも最後までなつかず。。。

ええ、もうこれが最後の病院になるでしょう。
ロッシー、これから最低でも5年は生きてくれ!
病院代が相当かかったので、その分取り返すくらい長生きしてくれ!!
頼む!!!!

ロッシー、これからも宜しくな!!
頼むよ!
スポンサーサイト
20:02 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

ロッシー、歯の治療、キジちゃん、転院

1/20(火)、ロッシーは歯の治療をした。
脳髄炎の原因の可能性が高い歯周病が発生しないように、悪い歯を抜いてもらった。
下の歯はあごの骨にがっちりついていたので抜かなかったが、上の歯はできるだけ処置してもらった。
ロッシーは1/25(日)に退院予定!

キジは、手術後の後遺症もなく、順調に回復。
すでに大学病院でもゲージの扉を開けると突進しているようで、今日退院させることになった。
ただ、抜糸にこなければならず、うちでは二度とつかまらないため、今日地元の病院に転院させた。
抜糸も地元の病院でOKだという!
よかった~。
やはり、キジは胸腺腫だった。。。でも、普通の胸腺腫でなく、上皮細胞タイプらしく、もしかしたら、再発もあるかもしれないとのこと。
2ヶ月に1度レントゲンが望ましいのだが、はっきりいって無理だ。
次に再発したときは、おそらく同じくらい腫瘍が大きくなってから気づくのであろう。
というわけで、キジは抜糸まで入院、おそらく再来週には帰ってこれそうだ。

というわけで、やっとほっとしたと思ったら、クリちゃんの具合がよくない。
体重が2.5キロに。下痢、食欲不振、多尿でやせてしまった。
クリちゃん、お願いだから回復して!
ニンゲンと「笑ってはいけないXXX」を年越しで一緒に見よう、クリちゃん、頼む。。。。
22:19 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

キジ、手術成功!

キジたろうの手術は無事に成功しました!

キジの手術は18時に開始。
ニンゲンは長丁場を見越してパンを買い込み、勉強道具を病院に持ち込んで、ロビーで待機した。
予定より早い21時ちょっとすぎに、キジの手術が終わり、先生からほぼ「鶏のささみ」のような腫瘍を見せてもらった。
そしてさわらせてもらった。(レバーみたい)
ステロイドで縮小していたとはいえ、結構な大きさの腫瘍だった。
手術中の写真でも、肋骨を開いてすぐにこの腫瘍が覆いかぶさっていて、肺や心臓は見えていない。
これを丁寧に心臓や其の他の臓器からはがして、リンパ節ごと切り取っていったようだ。
無事に手術成功!先生、ありがとうございました!!

30分後、キジは麻酔から目覚め、酸素室の中で低下した体温を上げるべくブルブル震えていた。
これから2日間、24時間監視で状態を見る。
体中包帯がまかれ、空洞になった胸にたまった体液を外に出すためのチューブが。
そして、痛みもあるだろうに、手足をばたばたさせて逃げようとしていたキジたろう。

もう一生許してくれないだろうけど、元気で戻ってきてくれたら、それでいいよ。
キジ、がんばって戻っておいで!


23:06 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

キジたろう入院する

キジたろうは1/15に入院した。
もちろん、キャリーには入らない。追い掛け回したところ、シャーシャーになり、格闘となる。
追い詰められたキジたろうが飛び込んだのは、衣装ケースをかぶせたダンボール箱だった。
この箱は衣装ケースだったが、猫が入って居座ったため、10年前に蓋の部分を開けっ放しにして猫がベッドとして利用していた。
蓋はファスナーで閉じることができるが、100円ショップで買ったペラペラのしろもの。いつ破られてもおかしくない。
いずれにせよ、奇跡的にキジはこの中に入った!
慌てて蓋のファスナーをしめるニンゲンの手に箱の中から執拗に猫パンチ(爪シャキーン状態、舌はベロベロの般若顔)。
ニンゲンは手にTシャツを巻きつけ、なんとかファスナーを閉めた。

さて、病院は電車で1時間ちょっとの距離。
この日は雨+ペラペラの不織布の蓋+凶暴なキジたろう=タクシーで病院へ

ええええ。高速使いました。
ええええ。1万3千円です。病院代を節約するために缶詰をリュックにつめていたニンゲンだったが、タクシー代でそんなささやかな節約は吹っ飛んだ。

さて、キジの腫瘍だが、実は細胞の検査の結果ははっきりしなかった。
採取した箇所が壊死していたからだ。 しかし、手術に踏み切ることにした。
すでにステロイドで縮小していた腫瘍は、もう細胞の採取が不可能になっていたし、腫瘍を取れば診断が確定できる。
というわけで、一か八かの手術は翌日の18-22時になった。
ニンゲンも病院に詰めることになった。。。











22:35 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

2015年、無事に迎えました

あけましておめでとうございます。
昨年末はどうなることかと思われたねこやま家だが、無事に全員そろって(ロッシーは病院で年越し)2015年を迎えることができた。
今年は早々キジの手術があるが、頑張ってもらいたい。
ニンゲンも勉強がんばるぞ!

昨日はレディースデーで、「ガガーリン 世界を変えた108分」を見た。
今日は映画の日で「6歳の僕が大人になるまで」を見てきました。
ネタばれがあるかもしれないので、見てない人は続きはみないでください。
続きを読む
00:47 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。