スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ちょも太さん頑張りました

ちょも太が7/27(月)、午前1時ごろに亡くなりました。
日曜日の午後、お刺身を食べたのが最後でした。
お水は金曜日あたりからほとんど飲めなくなり、足も立たなくなりました。

2007年にうちに来て8年。ロッシーとイギーと一緒に新人部屋で過ごしていた。
ちょも太は長毛の猫で、やせているのがわかりにくかった。
今年の4月にあまりにやせてきたので、つかまえて病院に連れて行った。
とても軽かった。病院では、採血もできなかった。
この子はもう。。。という診断だった。
GWまでもたないと思ったけど、唯一血を作るといわれているカツオの刺身、そしてちょも太が喜んで最後まで食べたササミと、ササミを水から沸騰させて作るササミスープ、AD缶となまり節で先週まで比較的元気に過ごせたのだ。
同時期にガッシュも具合が悪くなったため、二人のために毎朝、毎晩ササミをゆで、カツオの刺身を2日おきに買った。
猫の食べ残しのカツオを食べて、私がノロに感染する、というハプニングもあった。

ちょも太はしばらく新人部屋でご飯を与えられていた。
ロッシーやイギーが横から食べ物を奪うのを防ぐため、私が付きっ切りでご飯を食べた。
そうこうするうちに、新人3匹は私の存在になれてきた。
5月の後半から6/2まで母が滞在。そしてエアコン掃除のために新人部屋の大掃除をした。
新人部屋にニンゲンの手が長期的に入ったのだ。
新人部屋は決して安全ではない、というのが猫にも伝わったらしい。

母が帰ったあと、新人部屋を開けるたびに、ちょも太が部屋の外に出るようになった。
そして、とうとう部屋の外の洗面所に座り込んで動かなくなった。
ちょも太は縄張りを広げたのだ。 新人部屋はいつでもちょも太が戻れるように開けっ放しになった。
8年目にして始めて新人部屋の扉が開いた。(キジ入院中もトライしたのだが、だめだったのだ)

6月の後半から、ちょも太は台所に進出。
冷蔵庫の前に滞在。亡くなるまでここにいた。
この4ヶ月、毎日毎日ちょも太さんと向き合い、いままでの分仲良くできました。
おだやかで、やさしい本当に良い猫でした。
最後は栄養が毛までいきわたらず、短い毛の猫になってしまいました。
亡くなった日にトイレで倒れていました。最後までトイレに行こうとしてたちょもちゃん、えらかった。

ちょも太2014年4月
2014年4月のちょも太さん
弟撮影。

ちょも太2015/7/17
2015年7月18日のちょも太さん。
ガッシュのお別れの日に、妹撮影。

ちょも太さん、また会おうね。ふさふさ尻尾で迎えにきてね。




スポンサーサイト
23:27 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

台風の日にガッシュが逝く

ガッシュがあっちの世界に行ってしまった。
5月に急にやせ始め、5/17に病院に連れて行ったところ、余命1ヶ月と診断された。
腸管リンパ腫。ご飯を食べても食べても太れず、激しい下痢に見舞われた。
それでもガッシュは一生懸命ご飯を食べた。
ステロイドとビオフェルミン入りのご飯は嫌がって10日前から食べなくなったが、一縷の望みを持って投与していたコルディM(冬虫夏草のサプリ)入りのご飯を、おとといまでがっつり食べてた。

昨日、急にまったく食べなくなった。ご飯も水分をなめる感じで、固形は口を通らない。

今朝、ガッちゃんはトイレの中で倒れていた。
抱き起こして外に出したら、それでも歩いてお気に入りの場所に戻っていった。
でも、今朝はスープ系のご飯のスープのとこだけがんがん飲んでた。
でも、会社から帰ったら、ガッちゃんは亡くなっていました。

今日、私は昼ごろから会社で激しい腹痛に見舞われ、トイレから1時間ほど離れられなくなった。
その1時間は本当におそろしいほどの下りようだったのだが、1時間もするとぴたっと収まった。

家に帰ると、家のあちこちにガッちゃんがトイレに間に合わなくて、漏らしてしまったあとが。
そして、亡くなっているガッちゃんの腰のところにも。
ガッシュのつらさを思い知らせるため、私も同じ症状になったのだろうか。

ガッシュは本当にかっこよくて、ほかの猫みんなに優しくて、王子様のようだった。
よくサックンにマウントしては殴られてたなあ。
私に触られるのは本当に嫌がってたけど、最後の2ヶ月は本当に仲良しだったよね、わたしたち。

もしかしたら、初めて今日トイレで倒れているガッシュを抱きかかえたから、ショックで早くいっちゃったのだろうか。
ガッちゃんは明日お寺が引き取りに来ます。
ガッちゃん、今までありがとう。寂しくなるけど、次回はぜひニンゲンで。

しかし、台風や雨など低気圧に持っていかれるのではないかと心配していたが、やはり現実になってしまった。
今は同じようにガリガリのちょも太さんがしんぱい。。。

2015年1月のガッシュ
まだこのころは元気だったガッシュ。2015年1月
6月11日猫草
余命1ヶ月といわれて、およそ3週間め。やせたが、元気に猫草を食らっている。
6/11ガッシュ
がんばったガッシュ。最後までトイレに行ったし、本当にダンディーでした。

また会おう、ガッシュ。今度はそんなに嫌いにならないでね。



23:32 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。