クレオ、ピョンタお引越し完了

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


不覚にも昨日から高熱を出していたニンゲン。病院の薬を飲んだのだが、熱は下がらず。
よりにもよってこんな大事な日の朝の4時に39度以上の熱が・・・

朝10時くらいにはなんとか37度台までに熱が下がったが、動作は緩慢でなんとなく夢うつつ。
そんな中、ピョンタをなんとかキャリーに閉じ込め、ロックしたが、そのドアを開けてピョンタが逃走。掃除機をオンにして追い回すも、なかなかキャリーに入ってくれない。そうこうしているうちに掃除機が壊れる(泣)・・・。
ピョンタをなでながら、キャリーに誘導したら、すんなり入ってくれた。おどかしてごめんね、ピョンタちゃん。クレオはあっさり別のキャリーへ。
お迎えに来て頂き、そのまま病院->お届け先へ。
ぼーっとしていたせいか、カメラを持って来なかった事に気づく。
二人とも固まってしまい、キャリーから出てこない。
一晩二人っきりになればお水やトイレはすると思う。

少し時間はかかるかもしれないが、先住猫さんたちもフレンドリーな子たちなので、馴れればみんな仲良くできそうな予感。

二人とも、粗相のないようにするんだよ。

クレオ、ピョンタがいないねこやま家は大変静かである。
鳴き声がしない。ドタドタ走り回る音がしない。どれだけクレオが音をたてていたのか、今ようやくわかった。
ピョンちゃん部屋は締め切らなくてもよくなった。
ちゃまらん、ミケ、キジがピョンタ部屋へ遠征に行って、ピョンタがいないためにまっすく帰ってきた。

しかし、11匹が9匹になっただけで、これだけ部屋が広く感じるものか。
何度も「数が少なすぎる。誰かが足りない」と思って数えてみるのだが、ちゃんと9匹いるのだ。そして一匹一匹がよく見えるようになった気がする。
そして、どれだけ自分が一人の猫に構ってあげる時間が短かったか思い知らされた。
クレオもピョンタももっといっぱい猫じゃらしで遊びたかったに違いないし、他の猫もそうだったろうが、今までの私にはそんな余裕はなかったのだ。
クレオ、ピョンタ、新しいおうちで早く馴れていっぱい遊んでもらってください。
私は残った猫たちともっともっと遊ぶように努力します。
クレオ出発前日

ピョンタさん出発前日

明日から私はちゃんと仕事にいけるのだろうか。
この二年近くクレオに起してもらっていたので、ちゃんと朝目覚ましだけで起きられるのか・・・というより、熱は明日までに下がるのだろうか...
スポンサーサイト
20:19 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/106-f6da1fc0