スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

新猫戦国時代

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日で、ただいま緊急捕獲した猫ちゃんたちの預かりさんを緊急大募集中です。 (もう会社は移転したので、病院にいる子がいます!)
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


台風が来る。暑い。湿気ている。ダニに噛まれたらしく、あちこち痒い。
ニンゲンはアトピー持ちで、猫に爪立てられると痒くなるから、もしかしたらダニではなくて、イギーのせいかもしれない。

暑い・・・湿気が暑い・・・
といっているうちに一週間経ってしまった。

布団はぺったんこだし、洗濯はできないし、思い余って格安の布団乾燥機を購入した。あと、ダニ取りマットと布団のダニを取るためにミラクルジェットという掃除機のノズルも買ってしまった。
まだ到着していないので、レポートはいずれ。
このままでは生きていけない。痒すぎて。思わぬ出費だが、背に腹は替えられない。

さて、新猫たちに変化が・・・

遠方の大原藩で若武者たちによる下克上がおきているとのことだが、我がねこやま藩も戦国時代に突入したようだ。

権力を一手に握っていた織田信長ことちょも太さんが明智光秀(ニンゲン)の策略にかかって本能寺(チョモ太部屋)に幽閉されたあと、羽柴秀吉(イギー)が実権を握っていたように思えたねこやま城。

しかーし、人質としてねこやま城に連れてこられ、「鳴くのなら鳴かせておこうホトトギス」とばかりにギャーギャー騒ぐロッシーを横目に、座敷牢(隠れ場所)でひっそり暮らしていた竹千代ことロッシー。ピョンタさんに例えられ、ビビリ大王と思われていたロッシーだが・・・。

ある日ニンゲンが台所で猫ご飯の支度をしていると、「フギャーッ」という声がイギーたちの部屋から聞こえてきた。
あわてて様子を見に行くと、なんとロッシーの後姿が隠れ場所に向かっている光景が。

ロッシー、やっとお外に出られるようになったんだね。
と微笑ましく思っていたが、おとといあたりから、「ロッシー外にいるとイギーが外に出られない」という状況になってることが判明。

そう。イギーは今、ご飯のとき以外は外に出られず、トイレもままならないようなのだ。

今朝はトイレがしてあったのだが、もしかしたらイギーのではなくてロッシーのかもしれない。ベランダから室内を観察すると、ロッシーがイギーの隠れ場所前に陣取っており、どうやら兵糧攻めの様相。

ああああ、もううまくいかないもんだ。
せめてトイレだけはちゃんとやってもらいたいのだが。

イギー 「ニンゲン(足軽)だけにはえばってます」
イギー、びびり

結局新人3匹は仲良くなれない3匹だったということで・・・
スポンサーサイト
12:33 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/126-e8296f1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。