うろんな客

エドワード・ゴーリーの 「うろんな客」という絵本を読んだ。

感想。「私はこいつを知っている。私は今、このうろんな客と一緒に住んでいる。」

そう。その名は夏乃ちゃんである。
ああ、これはこの本を読んでもらわないと、そして夏のちゃん
と生活しないとわからないのだが・・・
うちに来たときの状況や、あのいやがらせぶり(本ではタオルを隠して回る。夏乃はおしっこをしてまわる)や、その姿や色や表情までそっくり。
なんだか将来もこの本と同じになりそうだ・・・

うろんな客を読む、うろんな客。
夏野ちゃんとうろんな客

うろんな客はおそらくどこの図書館にも置いてあると思います。

ちゃまらんは無事です。
みなさま、ご心配おかけしました。
なぜかハート型になっていた、ミケ(右)とサックン(左)を・・・

バレンタイン猫


スポンサーサイト
00:17 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/178-fab8d78a