スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

サックンご飯を抜かす

サックンとは、さくヤちゃんの愛称である。

さくヤちゃんは女の子で、桜が咲く季節にうちにやってきた。
あおぞらさんからご飯をもらっていたときは、パフミケと呼ばれていて、保護されたときは猫風邪をひいていた。

あおぞらさんの所に引き取りに行ったときは、怖くて瞳孔が開ききっており、かわいい女の子に見えたので、桜と此花咲耶比売(古事記か日本書紀に出てきたような・・・)を足してさくヤちゃんと仮名をつけた。
ヤがカタカナなのは、姓名判断で画数を合わすためです。

うちに来てからはしばらく姿を見せず、猫風邪なのか、鼻がグーグーとなる声と、苦しそうな鳴き声で生存を確認する毎日が続く。
その後久しぶりに見たさくヤちゃんは、目から絶えず涙が流れており、普段は白目が大きく瞳は小さめで、髪の毛を六三に分けたような模様といい、「おっさんみたいな顔だ・・・。」
さくヤちゃんは人面猫だったのだ。

今うちでは、猫の塚サックンと呼ばれている。
誰にも負けない強い性格。ロデムを追いかけるその迫力。
餌場から絶対にどかない食に関する強い執着。
なにもかもが、猫番恐子ってかんじなのだ。
でも、実はとても可愛い猫らしい猫なのだ。

久しぶりに写りのいいさくヤちゃん
サックン

サックンは、慢性の気管支炎だと思う・・・。
鼻が詰まっているから、口呼吸で、時々痰を出そうとしている。
口呼吸だから、胃に空気がたまり、時には水やご飯が飲み込めないことがある。おなかがすいているのにご飯が食べられないのは、口内炎と一緒で本当に見ていると辛い。

特に、猫じゃらしで激しく遊んだあとにご飯がたべられなくなってしまったため、うちは猫じゃらしはお客様が来たとき以外は禁止になった。
サックンは猫じゃらしが大好きで、必ず皆を押しのけて遊んでしまうからだ。
お客様がいると、サックンは猫じゃらにむやみに飛びつかない。

おかげで家の猫たちはみんなブクブクに太ることとなる。

昨日の晩、サックンは「ご飯いらない」といってコタツの中で過ごした。深夜のご飯のときは出てきたが、ちょっと食べると飲み込めずに苦しそうだ。わずかな量を口にしただけでコタツに戻ってしまった。

今朝も今日の夜もサックンはご飯をちょっと食べるだけでおなかが蠕動し、苦しそうだ。
明日病院に行こうと思うのだが、前回も病院に行こうして暴れに暴れ、失敗しているので、うまく連れて行けるだろうか。

くりちゃんの足も相変わらずなので、明日病院行きます。

くりちゃん 「病院なんていかないから~。」
くりちゃんお休み中

今、キジたろうの検尿用のおしっこをとるため、キジを別室で隔離中。

みんな、早く元気になろうよね。
スポンサーサイト
23:12 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/20-f14f3439
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。