スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ロッシー大学病院へ行く。キジ、胸腺腫?

今日はロッシーと大学病院へ行った。
朝の8時にかかりつけの病院へロッシーを迎えに行った。
なんと前足が動くようになっていた、ロッシー、すごい!
立ったり、歩くのはよろよろして危なっかしい状態だが、病院に駆け込んだときよりはるかに状態が良くなっている。

そのまま大学病院へ。
大学病院ではいろいろと検査をしてもらった。
ロッシーの四肢はとりあえず反応しているとのこと。
飲み込む機能も(実際に飲み込めるかは別として)問題ないようだ。

3.8キロくらいまで落ちていた体重も、鼻から管を入れて栄養を入れていただいたおかげで、4.1キロに増えていた。

麻酔をかけてMRIとCTをとった。
4時間後にロッシーを迎えに。ちゃんと麻酔からさめてくれた。
ロッシー、えらかった。

結果は、中耳炎から発生した髄膜炎とのこと。
髄膜が腫れているのだ。

抗生物質を6週間飲ませることになった。
嚥下できないロッシー。かかりつけのお医者さんのところに戻って、6週間の入院決定。
もし腫れがひいて、まだ嚥下できなかったら、大学病院に戻って脳の手術を受けることになる。
(大掛かりな手術になるとのこと)

ニンゲン嫌いのロッシーは、年越しを動物病院で過ごすことになった。

キジの巨大腫瘍は抗がん剤が効かなかった。
おそらく胸腺腫だろうとのこと。
明日まで状況が変わらなければ、ステロイドの投与で腫瘍の増大を食い止める。
ネットで調べると巨大な胸腺腫を手術で取ったという事例もあるようだけど、キジの場合は難しいのだろうか。
大学病院で一度検査してもらう予定。

これまでキジは10年、ロッシーは7年病院に行かなかったが、
これまで何もなかったのが不思議ということかな。。。
スポンサーサイト
00:07 | 猫の病気・怪我 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/217-fc122a33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。