スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ビビリ猫ピョンタ

ピョンタちゃんはビビリ猫である。
まだ怖くて隔離部屋から出てこない。この隔離部屋は歴代の猫に評判が悪く、
(みんな最初にこの部屋に入るからだと思うのだが)みんな早く出たがったものだ。
私はここで寝ると動悸がする。年のせいかもしれないが・・・。

ところが、ロデムにキジたろうという怖い先輩が何度かピョンタを脅したことから、ピョンちゃんはこの部屋から出られなくなってしまった。
クレオがいないとなかなか隠れ家の隙間から出てこない。
でも、クレオが来るといそいそと出てきてクレオにべったりである。

ピョンタ 「ねえねえ、クレオいる?」
すきまからピョンちゃん

クレオはこれを完全無視。ピョンタちゃん、本当にお気の毒。
クレオがいるときは、ピョンタにさわれます。
コロンと転がるので、おなかもさわれます。
撫でられるのは大好きだけど、ニンゲンだけだとまだ恐怖。

ただし、ニンゲンの体がベッドに入っているときは、ベッドの下にやってきて、「なでて~」とリクエスト。
無理やり腕を伸ばすニンゲンは時々筋がつる。でも絶対ベッドにはあがって来なかった。

今日ニンゲンがお昼寝(いつも眠い)をしていると、クレオが布団にあがってきた。ピョンタもすかさずベッドに乗ってきたので、ベッド上で撫でることが出来た。
でも、クレオがベッドから降りてしまうと、またまた怖くてピョンタもベッドからおりてしまった・・・。

でも、怖がりでビビリの猫ほど、ニンゲンに撫でられるのが大好きでベトベトしてきますね。
ただし、ニンゲンが座ってるときのみ。立ち上がるとベトベト猫たちは脱兎のごとく逃げていく。ちゃまらんは未だにシャーといいます。

ベトベト猫:キジたろう、ちゃまらん、ロデム、ピョンタ
ご飯のときだけベトベト:ミケ、さくヤ、ロミ
寒いときだけ膝乗り猫:くりちゃん
撫でられるのきらい:クレオ、ガッシュ

女の子(ギャル)たちはさっぱりしている。おごってもらうときだけやたら愛想が良くなる。人間界と同じだとつくづく思う・・・

あたしゃ、メッシーか(古っ)・・・
スポンサーサイト
19:33 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/24-acb73c93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。