今年のちゃまらん、一味ちがう

ちゃまらんは最初、相当のビビリであった。
しかし、比較的初期にうちに来たので、今では相当えばっている。
新人さんたちにはとりあえず飛び掛ってみたり、うなってみたり。

本当は弱いため、調子にのって最強のロデムに唸ってしまい、反撃にあって目をつぶし、爪を折り、必ず負けた。
会社から帰ってみたら、開かない目から涙をボロボロこぼしたちゃまらんが、
いつも行かないような隅っこでぐったりしていたので、あわてて翌日病院へ行った。

今はロデムが弱くなったため、喧嘩はない。
ちゃまらんはあの当時の恐怖が抜けきれず、お互い距離を保って無視しあっている。

現在の被害者はピョンタちゃんで、気弱なピョンちゃんは、実は弱いちゃまらんに毎日襲われておる。
早く自分のほうが確実に強いと気づくといいのに、ピョンタ。

そんなちゃまらん、好きなことは人間の足と二の腕をなめること。
時々はお顔もなめます。かなりしつこく。
ニンゲン顔荒れまくり。もういいですけど。

そんなちゃまらん、この冬ニンゲンに急接近。
お膝にのったり、腕枕されたり。

●証拠写真


右側にニンゲンがおります。ちゃまらん、よっかかってくれてます。
クレオ、キジの喉笛にかみついているところ。
3匹とニンゲン

ちゃまらんとクレオは運動会仲間で仲良しです。

デブニンゲンの腹とお膝に乗るちゃまらん
ちゃまらんとデブニンゲン

ちゃまらんとニンゲンの腹

でもあんまりリラックスしてないようなのはなぜ?
スポンサーサイト
23:49 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/28-62b28f54