スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ニャウリンガル

ニャウリンガルをお借りした。
電池を入れて、早速クレオ(いつもなく)に近づけてみる。

なかない。

後ろで、クレオを慕ってピョンタちゃんがかすかにないた。

ニャウリンガル 「ありがとー!ほんとにありがと!」

ピョンタちゃん、一体なにをありがたがっているのだ。
クレオはなかない。喉元に近づけると、何か音を拾ったようだ。

ニャウリンガル 「ガオー!」

意味がわからん。
台所に行くと、やっとクレオがいつもの「餌クレオー」なきをした。

ニャウリンガル 「こんな気持ち、はじめて!」

嘘だ・・・。いつも腹すかしてるくせに・・・。
それともクレオはいつも「初めての気持ち」でご飯をねだっているのだろうか。
そういえば、ほとんどボケたかのように、たらふく食べた後も餌をねだっていたし・・・。
クレオ「ねこやまさんがご飯をくれないんですよ。」
ねこやま「おじいちゃん、もうご飯はたべたでしょ」

てな感じだったのかも・・・
クレオ 「餌クレオー」
いやしんぼ


ロミちゃんですが、今日帰宅したら、自らエリザベスを取ってました。
またかさぶたが消えてました。血出てました。目の前が真っ暗になった私は、ロミをふんずかまえ、再度エリザベス装着。
壁に追い詰め、嫌がるロミの口をこじあけ、抗生物質の錠剤(ずっと飲むのを拒否していた)を無理やりのどの奥へ。

投薬成功!やればできるもんですな。
しかし、これじゃ直る傷も治らないよ・・・
どーすんの、ロミっ子。
スポンサーサイト
21:56 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/5-f8e608b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。