ピョンタさん、大丈夫か?

夏乃ちゃんお預かりして一日経ちました。
最近ずっとピョンタ部屋(夏乃ちゃんが今いる部屋)で寝ていたニンゲンだが、昨晩は別室で寝た。

昨晩夏乃ちゃんは一晩中泣き続けておった。
トイレはもちろん、私の布団の上に。(泣)
しばらく新入りが来ていなかったために、そして最後に来たピョンタちゃんが最初からおトイレに問題がなかったこともあって、外猫ちゃんの場合、おからの猫砂が最初のうちは苦手なことが多いことを失念していたニンゲン。
明日鉱物の猫砂を買ってきます。

とりあえず、ビニール袋とペットシートを敷き詰めてマットレスを防御。
そういえば、ロミもサックンも、ちゃまらんも、ベッドの上でおしっこしてたよなあ。忘れてた、すっかり。今ではとってもいい子たちだから。

で、布団はバイオミックス入りの風呂につけ置きして、今干してあります。バイオミックスはおしっこの匂いを分解してくれます。
困っている方、お試しを。

ピョンタちゃんは朝食も食べなかった。
ピョンちゃんは夏乃ちゃんの隙を見て、トイレでオシッコをしていたが、大は出ていない模様。緊張しているらしい。

他の猫のうち、キジたろうの様子があきらかにおかしい。
どうやら夏乃ちゃんがいる、という緊張があるらしい。
ビビリだからなあ、キジたろうちゃん。

と書いたところで夏乃ちゃんが泣き始めたので様子を見に行ったら、ベッドの上に●んこが・・・。ビニールをはがし、ダンボールをどかし、マットレスになすりつけてあった。ふ●こが・・・。
片付けてきました。そしてついでに写真も撮ってきました(ふん●の写真でなく、猫どもの)

夏乃ちゃん 「何か文句あんのかしらっ。」
夏乃ちゃん2

とっ、とっ、トイレは砂の中でお願いします・・・っ。

ピョンタ 「ぼく、あの人こわいよお、クレオさんいる?」
ピョンタちゃん出られない

あなたは、なっちゃんの2倍の大きさです。
少しは強くなりなさいな。クレオがいつもいるとは限らないんだから。

---- 追記 ----

あのあと夏乃がさんざ鳴くので、仕方なしにピョンタ部屋をあけたところ、トコトコと出てきて、そのまま他の部屋を散策。クレオがお出迎えし、お尻の匂いなどを嗅いでいた。ところが、何故かクレオとウマが合わなかったらしく、そのままニンゲンのところに逃げてきて、手を出したら触りたい放題に(いきなり)。
この子はやはり仔猫時代に人間に面倒見てもらった経験があると思います。あと、威厳があるらしく、猫たちはこの子を苛めません。どちらかというと遠巻きに見つめている感じ。なんとロデムが恐怖で逃げてきた。びっくり。

サックンが自分とキャラが被る子が来た事を察知したせいか、怒ってコタツの下から出てきません。

しかし、二日目でベトベトになるとは・・・あんなにシャーシャー言ってたのに。早すぎ。ニンゲンにはなれたけど、でも、明日ニンゲン仕事だし、猫同士だけで大丈夫かなあ。
第一、トイレ覚えてないんだよね、この子。私の低反発マットレスにおしっこしたら、洗えないし・・・どうしよう。

夏乃ちゃん 「あの白黒と一緒の部屋にいるくらいなら、ニンゲンに媚びたほうがいいですう。」
夏乃チャン、なでられる

みんななんでこの子におびえる、または無視なのだろう。
無視はロミとくりちゃん。まるで夏乃ちゃんがずっといたかのように振舞っている。よくわからん。
スポンサーサイト
22:03 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/78-6559e131