ロデム邪魔ばかり

指のことはとりあえず様子見ってことで、今日の外出予定はキャンセルさせていただき、家で寝て過ごすねこやま(あるいはニンゲン)。

しかし、2ヶ月に一度のフォスター・プラン翻訳ボランティアの書類が送られてきたことを思い出す。
15人分の子どもたちの一年の記録を翻訳し、プリントし、ホチキスで止めるボランティアだ。

締め切りは11月28日であるが、油断してはいけない。
めんどくさがりのねこやまは、いつも締め切りギリギリまで放置した上、
締め切り直前の土曜日夜にスタート、朝の5時まで泣きながら作業を続けるのが通常。
しかも終わったと思ったら、プリンタのインクがなくなったり、ホチキスの針がなくなってたりして翌朝寝ずに物資調達とドタバタしてしまうのだ。

今回はなんとか早めに終わりたいものだ。今からやっとこう。
しかし、その間重要書類にキジたろうが乗って転がるわ、ロデムがやたらにベトベトとまとわりつくわで、作業にならない。
ロデムはいきなりキーボードに乗っかってデータを削除するわ、で嫌がらせとしか思えない。

みんなにシカトされ、クレオには毎回マウントされて、すっかりニンゲンだけがお友だちになったロデムは、撫でて、撫でてと本当にしつこい。

ちょっとかわいそうで撫でたりすると、キジたろうが「僕も、僕も」と
モーモーのポーズ(お尻を高く上げる)で撫でられるまで待っている。
結局右手にロデム、左手にキジたろうと撫でてれば、作業がはかどるわけもありません。

なんとか11人分まで終わったので、ちょっと一安心。
来週もなんとかがんばろう。


ロデム「撫でてください~。ニンゲンだけが頼りですう」
撫でられ好きロデム

スポンサーサイト
21:00 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/9-e80816eb