夏乃ちゃん、ぴょんたとだけ仲良しになる

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


仮想敵がいると猫は仲良くなる。
ロデムがみんなを襲っていたときは、他の猫はみんな大変仲良くなった。大人しくなった今でも許してもらえないかわいそうなロデム。

現在他の猫の仮想敵は夏乃ちゃんだ。クレオでさえもおいかけまわし、当たり構わず手をあげる夏乃ちゃんに、「触らぬ神に祟りなし」と避ける避ける。夏乃ちゃんの声がするところには他の猫は行かない。
この状態をひそかに喜んでいるのが、何を隠そうピョンタさんなのだった。いつもピョンタ部屋のドアがあけば、ミケやちゃまらん、ロデムにキジたろうと、ピョンタさんが忌み嫌う恐ろしいねこたちが大挙して押し寄せるのだが、最近は夏乃ちゃん怖さにみなピョンタ部屋を避けているのである。ピョンタは夏乃ちゃんがいれば、誰にも襲われないと判断。夏乃ちゃんはほかの猫にくらべて大人しくてヨワッチイピョンタを子分にすることを決断。
夏乃ちゃんとピョンタさんは同居生活3週間にしてすっかり結束を固めたのであった。

夏乃 「あたしがいれば大丈夫よん。足でも揉んで頂戴」
ピョンタ 「ついていきます・・・」

ピョンタと夏乃ちゃん仲良し

昨日は夏乃ちゃんがピョンタの頭をなめているのを目撃。
また、同じ時刻にトイレもできるようになった。心を許している証拠と思われる。

ピョンタ 「夏乃さんとクレオさんと一緒なんて、ああ、ボクは幸せだ~。幸せだ~」
ピョンタの愛する猫たち


ピョンタと夏乃を個室に隔離して猫じゃらしを振るのだが、夏乃ちゃんは飛ぶ飛ぶ!ピョンタもまねをしてみるものの、すっかり体が重くなってしまったためか、空振りばかりで猫じゃらに手もあたらない。

ピョンタちゃんは鈍かったのだった・・・
スポンサーサイト
23:33 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/91-55369b6f