スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

夏乃ちゃんは自分の名前がわかる

あおぞらさんの会社移転に伴い、会社でご飯をもらっていた10猫たちの行き場所がなくなります。タイムリミットは5月末日です。
あおぞらさんは個人で猫の保護活動をしておられます。家族になってくださる方、一時預かりをしてくださる方、どうぞ力を貸してください。どうぞ宜しくお願いいたします。
夏乃ちゃんの募集については 夏乃 ページから。
あおぞらさん緊急募集詳細は 会社に来る猫たち <== こちらから。


夏乃ちゃんは、ピョンタ部屋でトイレの時間を持たせるため、台所で一回ご飯を食べた後、ピョンタ部屋でもう少しご飯を与えている。(そのまま閉じ込めとくと用を足す)
夏乃のお椀が空になったあとに「なっちゃん」と呼ぶと、ちゃんとピョンタ部屋までついてきて、大人しくお代わりのご飯を食べている。どうやら名前をおぼえたようだ。

夏乃 「賢い顔してる、って言われます」
夏乃正面の近影

うちの猫は多すぎて、自分の名前がわかる子は少ない。
自分の名前がわかるのは、

ミケ (名前を呼ぶと腹を左右にゆらして走ってくる)
クレオ (自分のことを灰色だと思っている可能性大)
キジたろう (名前を呼ぶと逃げる)
くりちゃん (名前を呼ぶと網戸をひっかくのをやめる)
ロミ (名前を呼ぶとふりむく)
ガッシュ 

残りは自分のことをミケだと思っているようだ・・・

ニンゲンは自宅で猫に赤ちゃん言葉は使わない。
猫相手に「どうちたんでちゅかー」などと話しかけることはない。用があるときに呼ぶだけなのだ。
猫によっては怒るときしか声を発しない場合もある。

次の写真はクレオに向かって「レンジフードに乗るんじゃない、この灰色!」と叱った後、飛んで逃げるクレオの写真である。
レンジフードにまだ乗っているのはキジたろうである。

クレオ 「ひー」
キジたろう 「に、逃げ遅れました!」

灰色とキジたろうちゃん

キジたろうは人様のご飯を盗み食いしているところを発見するたびに「き~じ~た~ろ~」と低い声で注意していたら、自分の名前をおぼえた。かわいそうなので怒りたくないのだが、尿路結石のキジちゃんにとって普通のご飯は命取りなので仕方ないのだ。

ちなみにくりちゃんは「くりちゃん」までが名前です。

ガッシュは自分の名前がわかる。あまり「ガッシュガッシュ」と連呼すると心労で禿げるため、ガッシュの話題が出るときは本人にわからないよう、「ガッチャン」と言っていた。
しかし今回、あおぞらさんの緊急募集の子に「ガッちゃん」がいることが判明した。名前がかぶってしまったが、どうしていいかわからない。うーん。
緊急募集のガッちゃんはロミちゃんと同じで内斜視だ。
外での生活はつらいと思うので、早く安住の地がみつかるといいのだが。

さて、ロデム、ピョンタ、サックン、ちゃまらんは、自分の名前をわかっているのかいないのか、さっぱりわからん。無反応なのは、故意に無視しているような気がするのは気のせいだろうか。
スポンサーサイト
23:58 | 猫の日常 | comment (-) | trackbacks (0) | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://narineko.blog80.fc2.com/tb.php/96-507d690f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。